赤井勝(あかいまさる)ローマ法王ブーケ写真は?教室料金や注文やアレンジ方法は?【情熱大陸】




4月7日にMBSで放送の
情熱大陸」で密着されるのは
赤井勝(あかい まさる)さんです。

予告を見たところ、フラワーアーティスト
という職業の方だそうです。

関西弁の優しそうなおじさんだなあと
思いました。

フラワーアーティストということは
生け花だったり、花を使って演出をしたり
するのでしょうか。

わからないことだらけなので、
今回は赤井勝さんがどんな方なのか
調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

赤井勝(あかいまさる)プロフィール

まずは赤井勝さんのプロフィールを
調べてみました。

名前:赤井勝(あかい まさる)
生まれ年:1965年(現在54歳)
出身地:大阪府

これまで「初耳学」や「スッキリ!!」など
テレビ出演された経験も
多くあるそうで、もしかしたら
見たことがある!という方も
いるかもしれないですね。

赤井勝さんは、祖父母が花農家だったり
母が花店の経営をしていて
15歳のころから花店の手伝いをしていたり、
幼少期から花と関わることが
多かったそうです。

また、2019年春からは
大阪の追手門学院大学の客員教授
なったそうです。

探してみると、
赤井勝さんの公式サイトも
ありました。

https://www.akaimasaru.jp/

赤井勝さんは国内外で活躍されています。

これは仏ルーブル王宮内パリ装飾美術館
日仏交流イベントの1枚です。
桜で装飾されています。

そのほかにも、
ローマ法王にブーケを
贈ったということでも
有名です。

こちらが、
ローマ法王に贈られたという
ブーケの写真です。

思っていたよりも
シックな色合いで
グリーンベースでした!

赤井勝さんの公式ブログにしか
画像が載っていなかったので
もっとブーケのアップを
見てみたいと思うばかりでした。

スポンサードリンク

花屋の名前は?どこにある?注文は?

情熱大陸の放送を見て
赤井勝さんを知れば知るほど
気になることと言えば

赤井勝さんの花店は
どこにあるのか、
注文などはできるのか、
ということではないでしょうか?

こちらが、赤井勝さんの
経営する花屋さんです!

赤井勝さんの経営される花店は、
東京と大阪に1店舗ずつあります。

大阪
〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島1-1-20 1F

東京
〒104-0061
東京都中央区銀座8-5-9 1F

公式サイトがこちらです。
http://www.emiflower.co.jp/

サイトの専用フォームから連絡をして
注文もできるそうですよ。

どれくらいの時間がかかるのかや、
金額などは
以来の内容によると思います。

また、アトリエプライベートレッスン
開催されているそうです。

赤井勝さんの公式サイトのLESSONに
日程や場所、金額が掲載されていました。

今は受付中になっていますが、
少人数制とのことなので、
放送後はすぐに枠が埋まってしまうかも
しれないですね!

気になった方は
参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

おすすめの自宅フワラーアレンジは?

赤井勝さんは書籍も発行されています。

花と遊ぶ Flower Method [ 赤井 勝 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/4/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

この本の中には、
暮らしに取り入れられる
花の生け方
紹介されているそうです。

この本でもわかりますが、
赤井勝さんのすごいところは
ローマ法王から自宅の
ちょっとした一輪挿しの花まで
幅広く提案しているところです。

プロの技を自宅にも
気軽に取り入れられるのは
嬉しいですね!

部屋に花を取り入れるって、
できたらオシャレだなあと思いますが
なかなか実践できないんですよね。

赤井勝さんの本では
具体的にどう活ければいいのかが
説明されているので
初心者にも超喜ばれるそうです。

花を飾りたいけど自信がない、
という人にぴったりの書籍
ということでした。

赤井勝さんはレッスンで
花を生けることを
花と遊ぶ」と表現なさってています。

生け方や花とのかかわり方など、
プライベートレッスンでも
紹介されているそうなので、
ぜひ参加してみたいですね!

スポンサードリンク

まとめ

今回は「情熱大陸」で特集される
フラワーアーティスト
赤井勝さんについて調べてみました。

幼少期から花と関わることが多く、
現在では国内外で活躍されていることが
わかりました。

また、プライベートレッスン
開催されているので、
花に興味のある方は要チェックですね。

放送後はふらっと花屋に
足を運んでみたくなるかもしれないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする