安藤毎夫(あんどうつねお・背後攻撃される達人)が水曜日のダウンタウンに!経歴や教室は?




今週も水曜日がきました。
「言われてみれば気になる」
という企画を実証してくれている
「水曜日のダウンタウン」の日ですね!

2019年4月10日にTBSで放送される
水曜日のダウンタウン」では
達人なら背後からの攻撃をかわせるのか
という企画が取り上げられます。

なんともシュールな企画ですね(笑)

達人といっても
何の達人に攻撃を
かわしてもらうのか、
また、何からの攻撃なのか
気になりますね。

番組の内容は放送まで
詳細不明ですが、

事前に調べて見たところ
今回の放送では
合気道の達人、安藤毎夫さん
攻撃をかわすそうです。

後ろから攻撃されることになる
安藤毎夫さんとは
どんな人なのか、調べていきます!

スポンサードリンク

背後から攻撃される達人は誰?名前は?

今回背後から攻撃される達人は、
安藤毎夫(あんどう つねお)さん
という方だそうです。

何かすごい技をもってそうな男性です。

そして背後から
ピコピコハンマーを持った
女子高生2人組が攻撃しようと
しています。

女子高生以外にも
様々な攻撃をしかける人たちを
用意していそうなのが
水曜日のダウンタウンですよね。

はたしてどんな攻撃なのか、
そして安藤毎夫さんが
どのように攻撃をかわすのか
楽しみですね!

案外、かわせなかったり
する場合もあるのが
水曜日のダウンタウンの
面白いところです。

スポンサードリンク

安藤毎夫(あんどうつねお)プロフィール

では安藤毎夫さんがどんな方なのか
ご紹介していきます。

名前:安藤毎夫(あんどう つねお)
生まれ年:1956年(現在63歳)
出身地:愛媛県

今回、
安藤毎夫(あんどうつねお)さんが
出演するとわかったのは
合気道の公式アカウントからの
紹介ツイートでした。

養神館の合気道同好会では
安藤毎夫さんは「師範」として
紹介されていました。

合気道をやるときは
背後から攻撃されるときのように
メガネをしていないのですね。
(逆に言えば、メガネをしていない=オフのとき、ということですね)

安藤毎夫さんは大学生の時に
合気道部に入っていたそうです。

一度は企業に就職されましたが、
合気道を極めるべく
合気道養神館に入門し、
塩田剛三館長から技を受け継ぎました。

ちなみに塩田剛三さんは
生ける伝説」とも言われた
武道家だそうですよ。

安藤毎夫さんは
龍本部道場の最高責任者であり、
NPO法人養神館合気道龍
代表でもあるそうです。

出典:https://www.aikidoryu.or.jp/

合気道を盛り上げようと
活動されています。

今回も、
水曜日のダウンタウンへの
出演を通して
合気道を盛り上げようという
考えがあったのかもしれませんね。

ただ、
そもそも合気道ってなんだっけ?
という方もいると思います。

合気道は、言葉で説明すると
こんな感じです。

合気道は、お互いの習熟度にあわせて技を繰り返し稽古し、心身の練成を図ることを目的としていますので、老若男女幅広い年齢層の方が稽古することが出来きます。また、合気道の道場には年令、性別、職業、国籍を問わず多くの人々が集まり、共に稽古で汗を流すことで人と人の交流を行い、人間理解を深めるためには最適の場と言えます。

引用元:https://www.aikidoryu.or.jp/

こちらが、
安藤毎夫さんの解説動画です。

達人っぽさがありますね。

こんなすごい人を攻撃して
大丈夫なのでしょうか・・・

背後からの攻撃も
さっとかわしてしまいそうな気もします。

スポンサードリンク

龍本部道場への入会方法や口コミは?

安藤毎夫さんが最高責任者を
務める龍本部道場は
千葉県浦安市にあります。

気になる入会方法ですが、
ネットからも入会できるそうです。

幼年部・少年部の月会費は
4320円とのことです。

習い事として始めやすい
月会費だなと思いました。

ファミリーでの入会も可能なので
親子で習い事をするのも
楽しそうですね!

見学や無料体験も実施しているそうです。

公式サイトはこちらです。
https://www.aikidoryu.or.jp/

気になる方は足を運んでみては
いかがでしょうか?

まとめ

今回は、「水曜日のダウンタウン」で
達人は背後から攻撃されてもかわせるのか
という企画に出演される達人、
安藤毎夫さんについて
調べてみました。

龍本部道場の最高責任者であり、
「生ける伝説」とも言われた
塩田剛三さんの教えを受けた
達人だということがわかりました。

どのような攻撃を仕掛けられるのか、
それをどのようにかわすのか。

どんな展開が待っているのか
楽しみですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする