ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)の新型と旧型を比較!返品方法は?ダサい?便利?

スポンサーリンク

ゾゾスーツ(ZOZOSUITS)の新型と旧型を比較!返品方法は?ダサい?便利?

ZOZOTOWNなどの
ネットショッピングでは
試着ができないため

サイズが合うかが一番のネックです。

それを解消すべく誕生した

「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」は

少し前にtwitterではトレンド入り。

多くの人が注目していました。

あまりにも注目されたため
発送が追いつかなかったのか

次にトレンドワードになったのは
「いつ届くの?」という疑問でした。

そんな声もようやく収まる頃
多くの人のもとに「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」が
届き始めたようです。

しかし、「思っていたものと違う」
という声が多数。

一体何があったのか、調べました。

従来型を申し込んだ人にも「新型」が届いた

「思っていたのと違う」の声が上がったのは
どうやら記者発表されていたものが
届くころにはよりよく改良された「新型」に
なっていたからのようです。

旧型と新型は
どのような違いがあるのでしょうか?

「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」従来型

こちらが「ZOZOSUIT」の従来型です。

全身黒のタイツに
黒いラインが入っており
なんだかスポーティな印象です。

一部では、漫画「GANTS」の
登場人物のようだとも言われていました。

コスプレイヤーさんにも人気があり
正確に再現している人も多いです。

確かに戦闘っぽさもあって
格好いいですね。

単純に「格好いいからほしい」人も
いたようです。

新型の「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」

多くの人から「これじゃない!」と
言われてているのが、新型です。

それがこちら。

全身が水玉模様で
一部の人には「ジンベイザメみたい」と
言われている、ゾゾスーツです。

おしゃれなモデルさんが着ても
この姿ということは
多くの人にとってはもっと
かなしい結果になっていそうです。

しかしこのスーツは本来
「おしゃれな見た目」がウリではありません。

身体計測してくれて
自分のサイズがよくわかる、という目的でした。

性能は?

新スーツは水玉状の白いマーカーが
300~400個ついています。

このマーカーの位置を使って
スマホアプリがカメラを通して
サイズを計測してくれるそうです。

計測のためには
体を12回に分けて360度
撮影することが必要なので
スマホスタンドも同封されているそうです。

しかし従来のものは「Bluetooth接続するだけ」
という、もっと簡単そうなやり方でした。

正確な数値を出してくれるとはいえ
この一手間とダサさが合間って

「返品したい」の声も多いのではないでしょうか。

返品方法は?

代金不要で送料も不要。
完全に無料で送られてくるゾゾスーツですが

どうしても返品したいという人も
いるかもしれませんね。

キャンセル方法

まだ商品が発送されていない人だけ
使える方法です。

現在ゾゾスーツの配送が
遅れているのでできる方法ですね。

「キャンセルしたい」と
カスタマーサポートからメールで
問い合わせれば、個別対応を行ってくれるそうです。

カスタマーサポートへのメールフォームは、

注文履歴画面の「注文詳細・各種手続き」をクリックし、

画面下「ご注文後のお問い合わせに
関してはこちらからご連絡ください」の
「こちら」に貼られているリンクを
クリックすれば表示されます。

引用:https://cgskdgc.com/zozo-cansell/

返品方法

返品はもちろんできますが
もともと無料のものですので
送料を払ってまで返品するくらいなら
各自が廃棄するのが早そうです。

ちなみに、非難が殺到する事態を受けて
ZOZOTOWNを運営する
株式会社スタートトゥデイの代表取締役の
前澤友作さんがツイッターでコメントしています。

「新しいZOZOSUITのデザインが気に入らないから送ってくるなー!ってご意見ありますが、送料手数料一切かからず完全無料でお届けしますので、なんとか受け取っていただけませんでしょうか?スタッフ一同気持ちを込めて開発にあたりました。どうか1度試していただけないでしょうか。お願いです」

受け取り拒否をしようとしている人も
いるのですね。

宅配業者さんに罪はないので
気に入らない人も受け取ってから
処分をしてあげてほしいものです。

まとめ

今回は、今話題になっている
「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の
新旧比較と、便利なところなどを
まとめました。

本来の目的が「採寸」ということを
考えれば、多少シュールでも使ってみて
その後捨てるのが一番かなと思いました。

見た目がダサいのは仕方がないのですが
前もって連絡があると、今のような
批判殺到にはならなかったのかなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする