村上佳菜子、クオッカ(クアッカワラビー)を取材!いつも笑顔の幸せな絶滅危惧種!?オーストラリアの自撮りアイドル!?【志村どうぶつ園】

スポンサーリンク

村上佳菜子、クオッカ(クアッカワラビー)を取材!いつも笑顔の幸せな絶滅危惧種!?オーストラリアの自撮りアイドル!?【志村どうぶつ園】

2018年4月7日(土) 19時00分~放送の
志村どうぶつ園では、元フィギュアスケート選手の
村上佳菜子さんがリポーターとして登場します。

オーストラリラで村上佳菜子さんが
紹介するのは、「世界一幸せな動物」。

どんな動物なのか気になり、調べました!

世界一幸せな動物とは?

番組で紹介される「世界一幸せな動物」は
予告ページでは「クオッカ」と紹介されていました。

どんな動物なのでしょうか?

クオッカ(クアッカワラビー)

番組初登場の絶滅危惧種に会いに
オーストラリアのロットネスト島へ向かいます。

動物の名前は「クオッカ」。

英語名では“Quokka”。

いつも笑顔なクオッカの写真がこちら。

特徴を文章化するとこんな感じです。

  • つぶらな瞳にネズミのような尾
  • ぬいぐるみのような、ふかふかの体
  • にっこりと笑っているかのような顔

常に笑っているような表情なので
「世界一幸せな動物」と
言われているようです。

自撮りアイドル

クアッカワラビーは好奇心も旺盛。

写真を撮ろうとすると、
一緒に映り込んでくれるのだとか。

この、クオッカ(クアッカワラビー)の
写り込んでいる自撮り写真のことを
「Quokka Selfies」とも呼んでいるそうです。

Instragramでは、
クオッカ(クアッカワラビー)が
一緒に写っている写真に

「Quokka Selfies」という
ハッシュタグをつけると

世界中のクオッカファンと
繋がれるかもしれませんね。

クオッカが絶滅危惧種となった理由

オーストラリアのクアッカワラビーは
つい最近まで国外ではほとんど
知られていなかったそうです。

自撮りSNSの普及により
世界中で写真をシェアできるようになったのが
クアッカワラビーを有名にしたようです。

今や世界で人気者のクアッカワラビーが
絶滅危惧種になったのは、

  • 開発による生息地の破壊
  • 人為的に移入された動物による捕食

などが理由とのこと。

ナショナルジオグラフィックでも
人為的な理由が説明されていました。

人間が1930年代にオーストラリアへ持ち込んだキツネが、クアッカワラビーの味を覚えてしまった。ミラー氏は、キツネとイエネコによる捕食、土地開発、孤立化した個体群の間に広がる病気や山火事が、現在クアッカワラビーを脅威にさらしている主な要因であるとしている。

引用:ナショナルジオグラフィック「大人気の自撮りアイドル、クアッカワラビーって?」

人間のせいで数が減っているので
志村どうぶつ園もこの辺りを
説明しそうだなぁと思っています。

クアッカワラビーとの接し方の注意点

オーストラリアのロットネスト島に行けば
誰でもクアッカワラビーに会うことはできます。

ここでクアッカワラビーと接する際に

以下のことが禁止されています。

  • 触ること
  • えさを与えること

ただ、写真を撮ることはOKなので
触れない程度に近づいて自撮りをしている
・・・ということなのでしょうね。

食べ物を与えることをNGとしているのは
日本で野生動物に対して餌やりNGの理由と同じで
このような理由があります。

  • 人に慣れすぎると人間界に近づいてきてしまう
  • 自ら餌を獲ることができなくなってしまう
  • 塩分の取りすぎなど栄養バランスが崩れてしまう

そのほかにも、

パンを与えることで
一見おいしそうに食べているように見えても

パンが歯の間に付いて、後々、
あご放線菌症(Lumpy Jaw)という感染症を
引き起こす恐れもある、と言われています。

かわいいからこそ、
守るためには触れたり餌をあげたりしないように
気をつけないとダメですね。

まとめ

今回は志村どうぶつ園で紹介される
クオッカ(クアッカワラビー)について
調べました。

かわいいからこそ人間が近づいて
絶滅に向かってしまうというのは
よくないなと思いました。

動物とは一定距離を保つことが
もしかしたら動物のためには
大切なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする