新井見枝香(あらいみえか・三省堂神保町)の新井賞やオススメ本は?カリスマ書店員がすごい!

12月6日放送の
TBS「ゴロウ・デラックス」で
カリスマ書店員の新井見枝香さん
登場します。

一体どんなことがきっかけで
カリスマ書店員と呼ばれるように
なったのでしょうか?

今回は新井見枝香さんについて
調べていきます。

<目次>

  1. 新井見枝香(あらいみえか)プロフィール
  2. 「新井賞」やオススメ本について
  3. ラジオやBRUTUSでも活躍中!?

1.新井見枝香(あらいみえか)プロフィール

まずは新井見枝香さんのプロフィールを
簡単にご紹介します。

名前:新井見枝香(あらい みえか)
生年月日:1980年生まれ(日にちは不明)
出身地:東京都

新井見枝香さんは、
三省堂書店の文芸書担当として
神保町本店にて勤務されています。

アルバイトから始まり、契約社員を経て
正社員になられたそうです。

たまたまアルバイトで入って
そのまま楽しくて今の仕事を
続けられているそうです。
楽しいという気持ちで仕事に
取り組めるって素敵ですよね!

書店員である新井見枝香さんには
常連のお客様もいるそうです。

新井見枝香さんがおすすめした本の
感想を伝えに来店してくれたり、
異動になってもその異動先に本を
買いに来てくれたりと、お客様との
信頼関係も築けているそうです。

新井見枝香さんがおすすめする本は
よく売れるそうですが、
どのようなおすすめの仕方を
されているのでしょうか??

2.「新井賞」やオススメ本について

2014年に、新井見枝香さんは
新井賞」を作りました。

直木賞の候補の中で
新井見枝香さんが一番面白いと思った本が
受賞できなかったのがきっかけで、

新井見枝香さんがおもしろいと思った本を
1冊選んで勝手に表彰するように
なりました。

直木賞と芥川賞の受賞作品の間に
新井賞の本を置いてみたところ、
新井賞の本が一番売れたそうです。

もちろん直木賞や芥川賞の本も
気になりますが、
書店員さんがおもしろいと思った
本も気になりますよね!

この新井賞についての準備は
新井見枝香さんが好きでやっていることなので
書店員の仕事には含まれません。
本当に楽しんでこの仕事をされているのが
伝わってきます。

2018年の推し本がTwitterで
発表されていました!

  • 「ののはな通信」三浦しをん
  • 「犬も食わない」尾崎世界観 千早茜
  • 「ふたりぐらし」桜木紫乃
  • 「しき」町屋良平

作家さんとのトークショーなども
企画されているそうです。

【新井ナイトとは】

書店員の新井が好きな作家をゲストにお迎えして

打合せ一切なしのゆるいトークを繰り広げる

三省堂書店名物イベント。

出典:http://ikebukuro.books-sanseido.co.jp/

作家さんの話が聞けるイベントって
ファンからしたらすごく嬉しいもの
だと思います。

打合せ一切なしということで、
おもしろそうなイベントですね!

3.ラジオやBRUTUSでも活躍中!?

新井見枝香さんは書店員として
働きながら、ラジオのゲストとして
出演したり、雑誌「BRUTUS」で
小説特集でおすすめの本を紹介したりと、
メディアでも活躍されています。

また、ネットで新井見枝香さんについて
調べていると様々なインタビュー記事も
見かけました。

積極的にインタビューに答えられている
という印象を受けました。

今回の「ゴロウ・デラックス」など、
テレビの出演も今後増えていくのでは
ないでしょうか?

まとめ

今回はカリスマ書店員の
新井見枝香さんについて調べてみました。

本の魅力をお客様に伝えるため
日々奮闘されているということが
わかりました。

三省堂書店神保町本店で
新井見枝香さんおすすめの本を
購入してみるのもいいかも
しれませんね!
私も足を運んでみたいと思います。

今後の新井見枝香さんの活躍にも
注目していきたいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする