とんだ林蘭(あいみょんジャケットデザイナー)は渡辺直美の同級生?学歴経歴は?【しゃべくり】

2019年1月7日の
「しゃべくり007」は、
海外を股にかけて大活躍の女性芸人
渡辺直美さんと、

彼女が「同級生だ」と
予告で紹介していた、
SNSなどでも超人気の
女性イラストレーター・デザイナーの
とんだ林蘭さんが出演します!

とんだ林蘭さんといえば、
2018年紅白にも出演した
シンガーソングライターの
あいみょんさんの
CDジャケットのデザインを
手がけています!

果たして、
しゃべくりメンバーたちは、
彼女たちをゲストに迎え、
どんな魅力を
引き出してくれるのでしょうか?

本記事では、放送に先駆け、
渡辺直美さん・とんだ林蘭さんの
プロフィールや、
あいみょんさんの
CDジャケットの謎に迫ります。

関連記事

検索もしくは上下矢印キーを使って項目を選択してください。 チーズケーキ横井(三重県津市・渡辺直美おすすめ)予約購入方法や通販は?【しゃべくり】

渡辺直美プロフィール

今や日本を代表する女性の1人にも
なったと言えるのではないでしょうか。

世界を股にかけて活躍中の、
女性芸人・渡辺直美さん。

渡辺直美さんといえば
先日の「ゴチになります」では、
クビになってしまいましたね。

その「ゴチ」放送中に
海外での仕事が控えている
というような発言が飛び出したことは
とても印象的でした。

本当に、彼女のブレイクぶりは、
目を見張るものがありますよね!

では、改めて、渡辺直美さんの
プロフィールを見ていきましょう。

生まれは台湾・茨城育ち

渡辺直美さんは、
1987年10月23日、
台湾・新北市生まれの31歳。

日本人の父親、
台湾人の母親の間に生まれますが、
間もなく両親も離婚し、
茨城で母に育てられて来ました。

日本語が話せない
母の手一つで育っているため、
かつては日本語も苦手だったそうです。

芸人になりたての頃は、
コンプレックスの塊で
話すことも出来なかったのだとか。

現在からは想像できない
エピソードですね!

出身中学

中学は、
茨城県石岡市立石岡中学校
卒業します。

しかし、学力は高くなく
高校への進学もせずに、
ファミレスでバイト
三昧だったそうです。

何かと一流大学卒業
というブランドを主張する人も
多いですが、
人間は学力なんて
大したものではないと
改めて強く感じさせられますね。

NSC進学・芸能界進出

渡辺直美さんは、
幼少の頃から
芸能界に憧れていたそうです。

18歳の頃にNSCに入った後は
「笑っていいとも」
女性アシスタントになるなど、
夢を一歩ずつ実現させていきます。

しかし、
その裏では日本語がうまく話せず、
ずっとコンプレックスを感じ、
大喜利企画の際には、
答えを書くふりをするという
最悪な行為をとることに…。

それだけ、
片言であることが恥ずかしく、
耐えられなかったのでしょう。

そんな自分に嫌気を指し、
芸能界を辞めようと考えていた
渡辺直美さん。

本当なら、
彼女の芸人人生はとっくに
終わっていたのかもしれません。

しかし、
コンプレックスで苦しんでいいた
渡辺直美さんを、
ある芸人仲間の一言が救ってくれます。

渡辺直美の芸人人生を救った、オリラジ中田敦彦

その芸人とは、
オリエンタルラジオの中田敦彦さんです。

彼は、お笑いは、
喋らなくてもできるとした上で、
「お前の数ある長所を、
誰も出来ないくらい伸ばせ!!」
とアドバイスしてくれました。

女性芸人としての現在

そして、
自信を取り戻した渡辺直美さんは、
ビヨンセのモノマネを引っさげ、
大ブレイクを果たすのです。

それ以降は、
自身の恥ずかしがり屋な性格を吹っ切り、
海外にも目を向け、
ますます表現力を上げつつ、
バラエティ中心に活躍していきます。

2016年には、ワールドツアーも敢行!!

特に、ニューヨークでの海外公演は、
ニューヨーカーたちに大絶賛されました!

デビュー10周年記念で行われた
海外公演が大成功し、
ビヨンセやレディ・ガガの
完コピが世界にも大ウケ。

今では世界を股にかける
コメディアンヌへと飛躍しました。

しゃべくり007に同級生登場?

2019年1月7日放送の
しゃべくり007では、
渡辺直美さんの同級生だった
女性アーティストも
ゲストに登場するそうです。

渡辺直美さんの
同級生ということは
茨城県石岡市立石岡中学校時代
同級生なのでしょうか?

それとも、
単純に年齢が同じ
というだけの話なのでしょうか?

その真相は、
番組で明らかになりますので、
放送を楽しみにしたいものですね。

とんだ林蘭(どんだばやしらん)プロフィール

一度観たら忘れられないほど
シュールで個性的なアートを次々発信し、
今、世間で大注目を浴びている
女性アーティスト・とんだ林蘭さん。

では、改めて、
彼女のプロフィールを
見ていきたいと思います。

生まれは東京足立区・育ちは茨木

とんだ林蘭さんは、
1987年11月22日、
東京生まれの31歳。

生まれは、
東京都足立区とのことですが、
なんと育ったのは、
茨城県石岡市らしく、
奇しくも、
しゃべくり007で共演する
渡辺直美さんと同郷です。

残念ながら、
彼女の出身中学校までは
分かりませんでしたが、
もしかしたら、
渡辺直美さんの同級生とは、
とんだ林蘭さんのことかもしれませんね。

もし、
二人が同じ中学校出身だとしたら、
それこそ衝撃の事実!!

こんな意外な出会いがあるからこそ、
人生は面白いです。

子供の頃のとんだ林蘭とは?

さて、話をもとに戻しますが、
とんだ林蘭さんは、
特にアーティストを
目指していたわけでは
ありませんでした。

子供の頃は、
とにかく心配性な性格で、
ランドセルの中身を
何度も確認して眠りにつくも、
忘れ物しないか心配で、
夜中に目が冷めてしまうことが
度々あったようです。

それも、ある意味、
一種の感覚過敏的なものが
あったと言えるかもしれませんね。

どうしても極度な心配性となると、
このように、
ちょっとしたことが
気になって眠れないということが
あるんです。

ただ、そんな極度な心配性の子供が、
ある講師との出会いで一変します。

とんだ林蘭を変えた担任教師

その講師は、
彼女が小学5年・6年の時の担任講師で、
とにかく明るいタイプの
先生だったそうです。

そして、彼女が、
この先生の明るさに感化され、
些細なことを気にすること無く、
のびのびと育っていきました。

子供の頃は、
を描いたり、
おままごと・人形遊びをしていた
とんだ林蘭さん。

また、一方では、
食べ物のモチーフが、
デザイン的に大好きだったらしく、
その趣味嗜好が
現在の仕事にも生かされています。

子供の頃から好きだった趣味思考が、
そのまま仕事に生かされていくというのは、
実に幸せな話です。

とはいえ、
先程もお話したとおり、
彼女は最初から
イラストレーター・デザイナー
志望していたわけではありません。

イラストレーター・デザイナーになったきっかけ

25歳の頃までは、
ごく普通にOLとして働いていた
とんだ林蘭さんは、
知人に勧められて、
イラスト・デザインの世界へ…

そして、気がつけば、
木村カエラさん
東京スカパラダイスオーケストラ
ジャケットなどを手がけるように…

出典:http://ru-ka.com/pickup/5556/

他にも、ハイブランドのファッション
MIHARAYASUHIRO(ミハラヤスヒロ)
Another Edition(アナザーエディション)
とのコラボも…

イラストレーター、デザイナーとして
活躍しはじめ、
最近は、自身のSNSで日々、
新たなデザインやイラストを発信し、
ネットユーザーたちを中心に
爆発的な支持を受けています。

しゃべくり007で期待されるとんだ林蘭の一面

しゃべくり007では、
そんなとんだ林蘭さんの
個性的な一面が垣間見られるはずです。

また、
同郷である渡辺直美さんとの関係性も
明らかになっていくのではないでしょうか。

その点においても、
放送に注目したいものですね。

「あいみょん」話題のジャケットって?

昨年、紅白にも出演していた、
今旬のシンガーソングライターの
あいみょんさん。

『好き』とか『愛している』とか、
ストレートな言葉を用いずとも、
これほどまでに、
直球的に愛情表現が伺える
ストレートな歌詞が秀逸で、
多くのファンから称賛されています。

奇抜なジャケットデザインが大注目?

その一方で、
楽曲のイメージに合わせながらも、
少し奇をてらった
ジャケットデザインが、
何かと注目されています。

例えば、
「マリーゴールド」のジャケットは
一つの花壇の周囲に、
小さなマリーゴールドの花をあしらえ、
中央には2つの手が飛び出ているデザイン。

一つ間違えば、
それこそ、
ホラー映画『リング』のような
世界観さえ感じられる
奇抜なジャケットですよね。

歌詞はストレートだし、
曲調はどこか懐かしさも感じるような、
すっと心に染み渡る印象なのに、
なぜ、
ジャケットだけ奇抜なのか?

もしかしたら、
全てがありきたりになって
しまわないように、
ちょっとしたギャップ感
狙っているのかもしれませんよね。

また、メジャーデビューシングル
『生きていたんだよな』の
ジャケットなんて、
花束に下着という謎めいたデザイン…

確かに、
かなり歌詞が衝撃的な楽曲なんですが、
何をもって
このようなジャケットにしているのか、
正直理解し難いです。

奇抜なジャケットの理由

ただ、単純に、『わかりやすく』
心がけるよりは、
楽曲一つ一つを、
聴き手に汲み取ってほしい
考えているみたいですね。

あからさまな定義は無く、
聴き手がそれぞれのイメージで、
あいみょんさんの楽曲を捉えていく…

そこに新たな解釈も見つかり、
十人十色の世界観が生まれていく…

そのことを、
彼女は望んでいるのではないでしょうか。

あいみょんのCDジャケットには賛否両論

私自身、好きか嫌いかで聞かれたら、
申し訳ないですけど、
あまり好きではありません。

やはり、奇抜すぎますし、
何よりも気持ち悪いイメージが
先に来てしまいます。

ただ、否定する気も毛頭ありません。

奇抜こそがあいみょんカラー

これが、
あいみょんさんのカラーだと思いますし、
その個性が否定されるのは
絶対にあってはならないことです。

こういった奇をてらった
アーティストがいても
良いとおもいますし、
それはそれで面白いです。

単純に好きか嫌いかの判断であり、
それは、十人十色…

受け取り手によって
感じ方が違って当然です。

あいみょんさんには、
周囲の評価など気にせず、
個性的に自分流
貫き通してほしいと思います。

そして、CDジャケットは奇抜ですが、
楽曲は、
ストレートに伝わる名曲ばかりなので、
ぜひ、多くの人たちに、
あいみょんさんの
楽曲を聴いてほしいと願っています。

しゃべくり007でも発揮されるあいみょんの魅力

ちなみに、
1月7日放送の、
しゃべくり007
あいみょんさんが
ゲスト出演されるそうです。

本放送では、
絶品チーズケーキ
紹介されるそうですが、
もしかしたら、
ミニライブが開催される
なんてこともあるかもしれませんね。

そんなことを期待しながら、
放送を楽しみにしたいところです。

まとめ

今回は、
1月7日に放送予定の
しゃべくり007に出演する
渡辺直美さん・とんだ林蘭さんの
プロフィールや、
あいみょんさんの
ジャケットの謎に迫ってみました。

奇遇にも、
渡辺直美さんと
とんだ林蘭さんが同郷
(しかも同い年)と
わかりましたし、
あいみょんさんのジャケットが
奇抜で面白いことも判明しました。

彼女たちの
境遇や個性・アイデンティティは、
しゃべくり007を観ないと、
完全に把握できないと思います。

ただ、予備知識として、
本記事を参考に、
彼女らのことを知っておくだけで、
その魅力
見つける大きなきっかけにはなるでしょう。

ぜひ、今まで明かされてこなかった、
彼女たちの新たな魅力
発見できることを、
しゃべくり007に期待しています。

関連記事

検索もしくは上下矢印キーを使って項目を選択してください。 チーズケーキ横井(三重県津市・渡辺直美おすすめ)予約購入方法や通販は?【しゃべくり】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする