台風3号(2019)進路|東京上陸はいつ?直撃影響や電車運休・遅延・混雑は?




2019年の令和になって
最初の台風が発生しました。

26日午後3時、沖縄の南にある熱帯低気圧は、26日夜に沖縄本島地方に接近した後は奄美地方を北上し、27日朝までに台風となる見込み。その後、27日昼前から夜にかけて、西日本の太平洋側へ接近・上陸し、28日(金)には東日本の太平洋側に進むおそれがある。

台風3号となった
この熱帯低気圧は、
6月26日の深夜から九州に
じわじわ上陸する動きをすると
予想されています。

令和最初の台風でもある 台風3号が発生し 2019年6月26日には 早速上陸予想のニュースが 報じられました。 現...

令和最初の台風は
東京にいつ上陸するのでしょうか?

最新情報をまとめました。

スポンサードリンク

台風の強さは?

まず、2019年の
台風3号がどれくらいの強さなのか
確認しておきましょう。

熱帯低気圧はまもなく台風に発達する見込みで、あす朝6時には屋久島の西方沖に到達して、中心気圧998ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートルになる見通し。

998hPa・・?
果たしてこれは強いのか弱いのか・・・

台風の強さについての
定義を調べてみると、このように
記されていました。

台風の大きさは台風に伴う風速15m/s以上の領域(強風域)の半径に応じて以下のように定められます。
15m/s以上の領域が左右非対称の場合には平均をとります。

大型(大きい)・・・風速15m/s以上の領域の半径が500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい)・・・風速15m/s以上の領域の半径が800km以上~

引用:https://hp.otenki.com/2274/

なるほど、風速15m/sを超える
エリアがどれくらいあるか

というのが台風の強さの基準なのですね。

今回の台風3号はどうでしょうか。

26日午後3時現在、熱帯低気圧の中心気圧は1004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速15メートル、最大瞬間風速は23メートル。時速25キロで北上しており

とありました。

最大風速で15メートル・・・

台風の「暴風」にギリギリ達する
くらいなので、
これはまだ成長していない
弱めな台風ってことでしょう。

ちなみに、同じ台風3号でも

平成29年の台風第3号は
最大風速111 km/h・・・
今回の台風はまだまだ
かわいいものなのかも、と思いますね。

スポンサードリンク

台風の進路は?

今後の台風の進路については
多くのwebニュースが
このように報じています。

また前線が屋久島付近から日本の南に伸びており、27日にかけて西日本から東北地方を北上することから、大気の状態が非常に不安定となり、前線の動きが活発化する見込み。

27日に西日本から東北へ、
ということなので

6月27日(木)に
東京を通過か?!と思いきや

これはよく読むと
大気の状態が不安定になるエリア
というような言い方ですね。う〜ん。

東京上陸は?

東京上陸は
降水量注意の情報をみると
なんとなくですが予想できました。

これによると、
東海地方の雨のピークが、
27日(木)〜28日(金)ということです。

関東は28日(金)の朝から
となっています。

でも、予想降水量は
東海が400ミリなのに比べ
わずか150ミリ。

台風は通らないという予想なのでしょうか。

週間天気をみると
東京はやっぱり金曜が雨マークです。

もし東京に上陸するなら
6月28日(金)が有力ですね。

スポンサードリンク

電車運休・遅延・混雑は?

現在の予報をみる限り、
東京は台風3号の影響を
強く受けることはなさそうです。

ですが、天気はどうなるか分からないので
今後も情報が増えたら追記していきたいと思います。

念のため、6月28日(金)は
金曜ではありますが、飲み会の予定はいれず
早めに帰れるように備えておいた方が
安心かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする