はるきる(から箱職人)本名は河口晴季!大学は神戸で個展も?【初耳学】




2019年5月26日(日)に放送される
林先生の初耳学では
「空箱職人」と言われる
SNSで人気のアーティスト
紹介されます。

その空箱(からばこ)職人の
名前は「はるきる」さんです!

ご本人もアカウントで
告知をしていました。

この「はるきる」さんは
どんな作品を作っているのか。

そして、どんな人物なのでしょうか。

さらに、今回の出演は
顔出しもするそうです。

実ははるきるさんは
イケメンということで

顔も好きというファンの人もいました。

どんな人なのか
気になってきますね^^

・・ということで
はるきるさんについてまとめました!

スポンサードリンク

はるきる(河口晴季)の作品は?

まずは何と言っても
はるきるさんの作品の素晴らしさ!

どんな作品を作っているのか
見て行きましょう。

はるきるさんの作品は
お菓子や日用品の空き箱を使って
別の姿を作り出すこと。

出典:https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/media

特徴として言えるのは
着色をしたり、新しい素材を
ひっつけたりはしていないということ。

つまり、
箱に使われている色をそのまま使い
全て元の箱のパーツから仕上げているのです。

出典:https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/media

そのため、作品によっては
空き箱ひとつではなく
複数の箱から仕上げることもあるそうです。

出典:https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/media

出典:https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/media

出典:https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/media

出典:https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/media

出典:https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/media

出典:https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/media

とても複雑な作品ですが
実は設計図などはないそうです。

お菓子の空箱を使用し、さまざまな立体物に変身させた作品で大きな注目を集めてきたはるきるさん。「一体どんな設計図を・・・?」と尋ねると、全作品、設計図は書かずにいきなりハサミを入れて作っていくというから驚きだ。

引用:https://www.lmaga.jp/

ハサミでいきなり作って
この形状になるのがすごいですね。

服とか
立体裁断が必要なものを
作ったら、すごそうです。

スポンサードリンク

はるきる(河口晴季)プロフィール

活動名:はるきる

本名:河口晴季(かわぐち・はるき)

生年月日:不明

年齢(執筆時):21歳

出身地:調査中

職業:大学生

気になるはるきるさんの
顔写真がこちら!

出典:https://www.lmaga.jp/news/2019/01/58237/

大学は神戸芸術工科大学です。

2019年1月の取材時に
大学3年生と語っていたので

2019年5月現在は、大学4年生でしょう。

専攻は、アートクラフト学科です。

今後はYouTubeで
メイキング動画の配信も
予定しているそうです。

個展は?

はるきるさんの個展は
今年、2019年5月に行われました。

・・・が、初耳学の放送の時点では
すでに終了しています。

およそ半月の開催期間で
合計4635人の方が
訪れたということでした。

とはいえ、はるきるさんの
フォロワー数からしたら
1割にも満たない人数ですね。

テレビ放送の後に開催されれば
多くの人が見たかったことだと
思います。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、お菓子などの
空き箱を使ってアート作品をつくる
はるきるさんについて調べました。

ご本人も穏やかそうな雰囲気で
テレビ出演後にさらに人気に
なりそうですね!

空き箱を多数使った
大型の作品の制作にも
チャレンジするようになっているので

今後のさらなる大作が
期待できそうです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする