矢島光「バトンの星」打ち切り?作者が美人で高学歴!写真やwikiプロフやトレース疑惑は?ヤンジャン新連載

2018年9月27日に発売の
集英社・ヤングジャンプ(ヤンジャン)で
バトントワリングを題材にした
漫画が新連載を迎えました。

筆者はバトントワリングが
あまりイメージできないのですが

結構マイナー競技ですよね。

マイナーすぎるので
どんな内容かは競技を理解するところから
始まりそうですが(笑)、

早くも作者に注目が集まっている
ことが分かりました。

新連載「バトンの星」作者・矢島光プロフィール

名前:矢島 光(やじま・ひかる)

生年月日:????年??月??日

性別:女性

年齢:??歳

学歴:慶應義塾大学卒業

前職:サイバーエージェント

結婚:未婚

こども:なし

2011年「モーニング」manga openで
漫画家デビューを果たします。

慶應義塾大学に在学中の受賞だった
ということなので、そのまま
漫画家の道に進んだかと思いきや

「Ameba」で有名な
サイバーエージェント」に
卒業後は入社したそうです。

漫画家と両立をしていたようですが
2015年に退社して

現在は専業で漫画家とのこと。

サイバーエージェントは
副業OKなのでしょうか。

  • 慶應義塾大学卒業
  • サイバーエージェント勤務

というだけでもかなり
漫画家業界では異色な感じがしますが

さらに顔写真に注目が
集まっていました。

矢島光は美人で武井咲に似てる?

「バトンの星」作者の写真は
インターネット上に公開されていました。

それがこちらです。

美人さんですね!

先日出産が報告された
武井咲さんと似ているという
声もありましたので、比較してみました。

確かに雰囲気が似ている気がします!

漫画家さんは顔を隠すことが多いですが
すでにオープンになっているので

漫画が人気になったら、
もしかしたらサイン会などが
あるかもしれませんね。

「バトンの星」は打ち切り?

連載当初は「ヤンジャンとあっていない」や
「少女漫画っぽすぎる」という辛口コメントも
あったものの、連載を重ねるごとに
徐々にファンが増えていった「バトンの星」。

しかし、10話目にして突然の
ご愛読ありがとうございました」が
掲載されました。

出典:https://twitter.com/K_Uchikura/status/1068153768829583360

「ご愛読ありがとうございました」
といえば、連載終了や
打ち切りになった漫画
よく添えられる言葉です。

そのため、愛読者からは
嘆きの声が上がっていました。

しかし、よく見て欲しいのが
第一部 完」という文字。

二部の存在を匂わせます。

これを発見したファンは
二部に期待の声を寄せていました。

実はこれ、突然の打ち切りではなく
もともと10話集中連載だったのです。

10話以後は、1巻の単行本を発売し
それの売れ行きによって
継続か否かが決まるということでした。

この作品を気に入っている人はつまり
単行本を買うことでしか
続きを読む手段がないということですね。

ヤンジャンもシビアなことをしますね。

「バトンの星」の前作は?

前の仕事の影響なのか
WEBメディアを中心にした
漫画連載が多かったようです。

前作は「彼女のいる彼氏」
という、仕事系の恋愛漫画です。

新潮社WEBマガジンの
「ROLA」でトップの人気を誇る
連載マンガだったようで

Amazonなどでも
購入ができるようになっていました。

ただ、
こちらの漫画は賛否両論の
レビューでした。

トレース疑惑も某大型掲示板では
上がっており、

このような辛辣な意見もありました。

矢島たんはなぞって出来上がったもんが死ぬほどつまらんからな
ツッコミいれて楽しむ以前というか読んでいられないレベル
あの男キャラが口紅塗ってるみたいになってんの気持ち悪いわ
全員顔色悪いし

集英社の、しかもヤンジャンが
監修している新連載なので

おそらくこの頃よりは
完成度は上がっているのではないかと
信じています。

まとめ

今回は、ヤングジャンプで
新連載の始まる「バトンの星」
について調べました。

最初に紙媒体ではなく
ネット漫画からスタートしているので
紙の漫画がどうなるのか

過去の作品を知っている人は
注目していることでしょう。

新しい連載でネットの反応が
どんな感じだったか、
掲載号の発売後に追記したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする