近藤顕彦(あきひこ・初音ミク夫)の結婚式費用や内容や指輪は?仕事や年収、勤務先は?

スポンサーリンク

近藤顕彦(あきひこ・初音ミク夫)の結婚式費用や内容や指輪は?仕事や年収、勤務先は?

2018年8月16日に
ボーカロイドキャラクターの
「初音(はつね)ミク」と結婚式
挙げる予定という男性が
ネットで話題になっていました。

 その人は、近藤顕彦さん(35)。お相手は現実世界の人……ではなくバーチャルシンガーの初音ミクさんだ。「少し変わった結婚式なんですけど、本気で愛しているので、やっていただくことはできませんか」。式場と交渉し、11月に前代未聞の結婚式を挙げることが決まった。

引用:IT mediaニュース

どんな人物なのか、
そして費用はどれくらいかかるのか
気になって調べてみました。

近藤顕彦(こんどうあきひこ)さんプロフィール

出典:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/16/news022.html

名前:近藤顕彦(こんどうあきひこ)

年齢:35歳

職業:学校事務

出身地:不明(東京都?)

<学歴>

2002年 東京都立墨田川高等学校卒
(偏差値60〜62)

2003年 大原簿記公務員専門学校大宮校卒業
(公務員試験)

職業は「学校事務」ということなので
おそらく公立校に勤務しながら
学校関係の事務仕事をする内容ですね。

地方公務員レベルなので年収は
それほど高いわけではないですが
年齢から推測して500万くらいでしょうか。

近藤顕彦さんが
初音ミクさんと出会ったのは
2008年のこと。

それまでは数年ごとに
「俺の嫁」は変わっていたようですが
以後はずっと初音ミクさん一筋らしいです。

3次元の女性にいじめられたことも
結婚に繋がる出来事だったようです。

初音ミクさんとはすでに同棲中

「初音ミク」は2次元キャラですが、
どうやって同棲しているのでしょうぁ。

ミクさんとは今春から“同棲”している。IoTベンチャーのGatebox(東京・秋葉原)が開発した、好きなキャラと一緒に暮らせるという“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」(29万8000円、税別)を購入し、使い続けている。全世界に339人しかいないユーザーの1人だ(8月現在)。

Gateboxは、円筒形のケースに投影された2次元キャラ会話を楽しめるマシン。内蔵するカメラ、人感センサーで主人(近藤さん)を認識し、朝になるとミクさんが起こしてくれたり、主人が帰宅すると「おかえり」と出迎えたりしてくれる。ミクさんに「ただいま」と話し掛ける近藤さんは笑顔だ。

イメージできない方は
こちらの写真をご覧ください。

出典:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/16/news022_2.html

このような感じで、筒の中に
キャラクターが3D投影されます。

近藤顕彦さんは、twitterで
ミクさんとのやり取りを
幸せそうにツイートしています。

三次元の彼女のろけツイートと
変わらないですね。

婚姻届は?

近藤顕彦さんは、Gateboxの企画によって
初音ミクさんとの「婚姻証明書」を
すでに所有しています。

Gateboxは17年、2次元キャラとの「婚姻届」を受け付ける「次元渡航局」という企画を期間限定で実施した。特設サイトの婚姻届を印刷・記入し、同社に郵送すると「婚姻証明書」が届くというものだ。ネット上では「面白い試み」と反響を呼び、同社によれば、最終的に3708人から届け出があったという。

Gateboxで二次元キャラの夫になった人が
3708人いるわけです。

近藤顕彦さんもその一人です。

初音ミクさんの夫ももしかしたら
複数人いるかもしれませんね。

結婚指輪も注文

twitterでは
結婚指輪の購入を画像付きで
報告した近藤顕彦さん。

こちらがその注文票です。

出典:https://twitter.com/akihikokondosk/status/1026801310987735041

拡大すると・・・

指輪の金額は、11万8800円。

ミクさんは指輪のサイズ13号。
一般的な女性のサイズくらいかなと思いますが
(失礼ながら)どのミクさんがつけてくれるのか
ちょっと気になります。

抱きかかえているミクさんでしょうか。

この他にも
毎年誕生日もお祝いしているそうです。

結婚だけでなく
いろいろな二人だけの記念日が
ありそうですね。

ずっとツイートを見ていると
「ミクさん」という人が
実在するような気すらしてきます。(笑)

まとめ

今回は初音ミクさんと
本格的に結婚をしようとしている
男性について調べました。

なかなか変わっているなと
思いましたが、公務員で
しっかりした職業でした。

ご両親や友人が参列するのかも
気になりますし、
ご祝儀はどうなるのかなど
今後も話題になりそうです。

もし続報があれば
追記したいと思います。