那須どうぶつ王国リニューアル「ウエットランド」はハシビロコウのため?!アクセスや料金は?栃木にある?【志村どうぶつ園】

スポンサーリンク

那須どうぶつ王国リニューアル「ウエットランド」はハシビロコウのため?!アクセスや料金は?栃木にある?【志村どうぶつ園】

2018年4月21日(土) 19時00分から
放送される「天才!志村どうぶつ園」では
栃木県にある那須どうぶつ王国の
新施設オープンの様子が紹介されます。

なぜこの動物園が
リニューアルされるのかというと
「ハシビロコウ」が関係していました。

どんな動物園なのか、
ハシビロコウのためというのも
なんだか地味なようで気になるので、
調べてみました。

動物園情報

名称

那須どうぶつ王国

住所

栃木県那須郡那須町大島1042-1

電話

0287-77-1110

営業時間

平日 10時~16時30分
土日祝 9時~17時
冬季 10時~16時

入国料(入園料)

大人(中学生以上)2400円
子供(3歳~小学生)1000円

冬季

大人(中学生以上)1200円
子供(3歳~小学生)700円

年間パスポート

大人(中学生以上)8000円
子供(3歳~小学生)3000円

なんとCMもあります!

webサイトにもこだわりがあり
なんだか
従業員1人の東武筑波ユートピアとは
経済力が全然違いますね・・・。

オープンする「WET LAND」

2018年3月24日に「ウェットランド」は
オープンを迎えました。

亜熱帯の湿地にくらす動物達の世界を
再現した新施設と言われており

ウエットランドに行くと
湿地の動物たちの世界を見ることができるそうです。

歩きながら動物達を間近で観察でき
野生の息づかいを感じられるのが魅力とのこと。

こちらもPRのためのCMがあります。

動物たちのそのままの姿が
格好いいCMです。

ウェットランドはハシビロコウのため?

つい最近にオープンしたばかりの
ウェットランド。

実はこれは、
ハシビロコウと赤ちゃんのためだと
志村どうぶつ園の予告では言われています。

2羽のハシビロコウと
ベビーのためにわざわざ動物園を
リニューアルしたのはなぜなのでしょうか?

ハシビロコウは繊細?

ハシビロコウは、
滅多に動くことも鳴くこともない

長時間静止したままの
不思議な鳥として
一時期話題になりましたね。

実はハシビロコウは、
コミュニケーション方法がかなり
激しいとのこと。

クチバシを激しくたたき合わせる
「クラッタリング」ということをするそうです。

また、ハシビロコウは
動物園での繁殖例はないのも
ある意味特徴と言えます。

繁殖例がないのには理由があります。

基本的には単独行動を好むこと

性格が攻撃的で、
動物園では一つの鳥舎に
複数の個体を入れておくと、

互いに激しくつつき合って
喧嘩をするからなのです。

今回のリニューアルはおそらく
この喧嘩を防ぐためなのではないかと
予想しています。

ちなみに、那須どうぶつ王国の2羽の
ハシビロコウの名前は
アサラトくんとカシシちゃんです。

訪れたい人は2羽が喧嘩していないか
要チェックですね。

また、人間による飼育期間が長くなるほど
攻撃性が高まる傾向があることも
人の手による繁殖が非常に難しい理由です。

まとめ

今回は大型リニューアルをした
那須どうぶつ王国について
調べてみました。

調べてみると、ハシビロコウが
とても扱いが難しいということが
わかりました。

日本でもいくつかの動物園で
ハシビロコウを見ることはできますが
いつも1羽でポツンとしていたのは
単独行動を好む生き物だからなのですね。

放送ではきっと
詳しいリニューアル内容を紹介されるはずなので
チェックしてみたいと思います!

関連記事

東筑波ユートピアの飼育員さんの名前は?スタッフは3人いる!?お客殺到で「日本一客が来ない」脱出か?【天才!志村どうぶつ園】