ブルゾンちえみが始球式!中日vs巨人戦のwith D(ドアラ)がかわいい!きっかけは京田陽太打席曲?

スポンサーリンク

ブルゾンちえみが始球式!中日vs巨人戦のwith D(ドアラ)がかわいい!きっかけは京田陽太打席曲?

出典:https://twitter.com/dnomotoke/status/981467034713145344

ブルゾンちえみさんが

2018年4月4日の中日vs巨人戦で

始球式のピッチャーになりました。

どんな様子だったのか気になり

調べてみました。

概要

ブルゾンちえみさんが

ネタで使用していたことでおなじみの

オースティン・マホーン「Dirty Work」。

実はこの曲、昨季の新人王に輝いた

京田陽太内野手が打席に入る際の

登場曲で使用していたそうです。

このことがきっかけになり、

今回、中日戦の始球式に

ブルゾンちえみさんが登場したそうです。

通常の始球式の流れでは

先攻の巨人側の1番打者と対戦しますが

この日は打席にその曲を使っている

京田選手が入りました。

ちなみにキャッチャーを務めたのは

背番号「35」の巨人・木下拓哉選手。

「35」ネタなのか偶然か、すごいですね。

始球式の球速は

ブルゾンちえみさんのネタにちなんで

「35億キロ」でした。

は・・・速い・・・・。

出典:https://twitter.com/AYANE36/status/981455229798395905

始球式の様子は

ずっと隣でドアラが見守っていました。

ドアラの背中には「億」の文字が。

木村拓哉選手と並ぶと「35億」が完成しました。

出典:https://twitter.com/AYANE36/status/981455229798395905

まさにブルゾンちえみwith D ですね。

まとめ

今回はブルゾンちえみさんの

ほほえましい始球式について

記事にしました。

いろんな繋がりがあって、

「35」の仕掛けもあり

球場のどちらのチームのファンも

楽しんでいたようです。

動画で始球式を見たい方は

以下よりどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする