明治神宮火事|原因・火元や放火の可能性や犯人写真は?倉庫出火でも参拝は可能?

2018年11月18日の朝7時に
明治神宮での火災がありました。

日本の人気観光地での
驚くべきニュース。

何があったのか調べてみました。

ニュースの概要は?

朝日新聞の速報では
このように報じられていました。

18日午前7時ごろ、渋谷区代々木神園町1丁目の明治神宮で、敷地内の倉庫から出火したと119番通報があった。東京消防庁によると、2階建ての倉庫約200平方メートルが燃えており、午前7時50分現在で消防隊19隊が活動中。今のところけが人はいないという。

明治神宮によると、倉庫は本殿の西側にある。資材置き場として利用しており、警備関係者が火災に気づき通報したという。神宮の参拝に影響はないとしている。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASLCL2J56LCLUTIL001.html

朝のことでしたので
まだ人でも多くなく、

けが人はいないということでした。

しかし、2階建ての倉庫は
全焼状態。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181118-00000003-nnn-soci

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181118-00000003-nnn-soci

出典:http://matometanews.com/archives/1918738.html

朝の段階のニュースでは
もくもくと煙が上る様子が
報道されていました。

当日も参拝は通常通り可能
ということですが、

出火の原因は
なんだったのでしょうか?

出火の原因は?

8時現在、出火の原因については
まだ報道されていません。

情報が分り次第記載したいと思います。

倉庫の中身が
気になる人も多いようでした。

放火の可能性や犯人は?

ネット上で注目されているのが
「放火の可能性」でした。

火の気が無いところでの
火災の発生ですので

放火やタバコの不始末などの
人災を疑う声が多数でした。

もし放火だとしたら
とんでもないことです・・。

続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする