性的暴行を偽造の女性銀行員(福岡)の名前や写真や勤務先ツイッターは?協力者や彼氏は誰?

スポンサーリンク

性的暴行を偽造の女性銀行員(福岡)の名前や写真や勤務先ツイッターは?協力者や彼氏は誰?

出典:https://kamahori.com/1040/

西日本新聞が2018年8月21日の
朝刊に掲載した内容があまりにも
愚かで話題になっています。

福岡県宗像市(むなかた)で、
性的暴行(強姦)をされたかのように
自ら偽造した女性が
逮捕されました。

操作にも多くの人数を
割いたということなので
詳細を調べました。

事件の内容は?

西日本新聞の内容は以下です。

 福岡県宗像市で6月、男2人から性的暴行の被害に遭ったなどとうその通報をして警察の業務を妨害したとして、福岡県警が今月、威力業務妨害の疑いで、県内の男女3人を福岡地検に書類送検していたことが捜査関係者への取材で20日、分かった。

書類送検されたのは、いずれも県内在住で、銀行員の20代の女と、女に協力した20代の男ら2人。書類送検容疑は6月中旬、共謀して、うその性犯罪事件をでっち上げ、警察官の業務を妨害した疑い。

捜査関係者によると、女がインターネットを通じて知り合った男2人に「連れ去ってレイプしてほしい」などと依頼。2人は実際に、宗像市内で帰宅中の女を車で連れ去り、わいせつな行為をしたという。女が家族に「集団強姦(ごうかん)の被害に遭った」と相談し、両親が県警に通報した。

引用:西日本新聞

罪状としては「威力業務妨害」
というものになるそうです。

嘘の通報はこういう名称なのですね。

男性と知り合ったきっかけは、
インターネットということでした。

両親が通報したということですが
気になるのは動機
どうやってでっちあげが
判明したのかということです。

犯行がわかった経緯は?

被害届を受理した福岡県警は
防犯カメラの映像を参考に
協力者(当時は加害者だと思っていた)
男2人を特定したそうです。

男性2人から事情を聴いたところ、
「女から頼まれた」と話し
銀行員の女性と
連絡を取り合って計画していたこと
が判明しました。

虚偽の事件と判断したのは
男性2人の証言と、
おそらくLINEか何か、
実際のやりとりの画面を
見せたということでしょう。

犯行の動機は?

自ら暴行されたかのように
偽造をした銀行員の女性。

動機については

  • 仕事に行きたくなかった。
  • 彼氏の気も引きたかった。

ということでした。

彼氏だという男性は
逆にドン引きしたのではないでしょうか…。

あまりにも身勝手で驚きでした。

容疑者の銀行員女性の名前や勤務先は?

現在は容疑者の銀行員の女性の
名前や勤務先は分かっていません

内容が「事件の偽造」なので
もしかしたら小さな事件として
済ませたいのかもしれません。

とはいえ、銀行側は
どの人なのか分かるでしょうし

信用に関わるため、
解雇相当の処分をするのではと
予想しています。

捜査をした人数は?

この偽の“事件”の一報を受けて
福岡県警は延べ70人以上
捜査員を投入したそうです。

…というのも、
この事件の被害届が出された
タイミングは、浜松市で
女性看護師(29)が車ごと拉致され
静岡県の山中で遺体が見つかった事件の
発生直後だったからです。

捜査幹部は

「手口に共通点もあり、大きく構えた。性犯罪は被害者の心情に配慮して細かく聞けない場合もあり、初動が肝心だ」

と話していたそうです。

手口が似ていたのは、
銀行員の容疑者女性がそれを
模倣したという可能性もありますね。

ネット上の反応は?

あまりにも愚かすぎるこの事件。

ネット上では呆れたコメントが多く
出ていました。

究極の「かまって」

かまってちゃんの度合いが
すごすぎます。

そのまま殺されててもおかしくないんだけど怖くなかったのかな?

男性が本気になればそういう
可能性もありますね。

彼氏に別れようって言われてたのかも知れんね
その彼氏は気の弱いというか優しいひとの可能性高そう
「悲しい目に遭った私」を見せれば同情心が芽生えて引き止められると考えたかな

どこの銀行は知らんがよく就職できたな
こんな騒ぎ起こしたし、仕事はクビか辞職だし彼氏にも振られるな。
こんな構ってちゃん、関わってるだけでトラブル降りかかりそう

休みたかった、彼氏に構って欲しかった
という希望も、もっといいやり方が
あっただろう、と思ってしまいますね。

まとめ

今回は福岡県の
強制性交を偽造したという
銀行に勤務している女性の
事件について調べました。

調べれば調べるほど、
変なことしたなぁという印象でした。

名前など続報がでたら追記したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする