長与千種(ながよちぐさ)犬とリングイン?暴行一般人男性は夫婦喧嘩だった?【有吉反省会】




一時期、ライオネス飛鳥さんと
クラッシュギャルズを結成。

多くのファンから支持された、
元女子プロレスラー・長与千種さん。

彼女が、1月12日放送の、
『有吉反省会』に出演します。

何やら、愛犬のことや、
昨年報じられた暴行事件の全貌が
語られるそうです。

そこで、本記事でも、
その真相を調査しまとめていきます。

長与千種(ながよちぐさ)プロフィール

30代・40代の女子プロレスファンなら、
誰もがその名を知る、
女子プロレスラー・長与千種さん。

現在は既に現役を引退…

とはいえ、
クラシュギャルズ解散後も、度々、
引退・現役復帰を繰り返していましたよね。

それだけ、彼女はプロレスを
とことん愛していたのでしょう。

では、改めて、
長与千種さんのプロフィールを
見ていきましょう

長与千種の経歴

長与千種さんは、
1964年12月8日生まれで
長崎県大村市出身の54歳。

幼少の頃、
当時、競艇選手だった父のすすめで
空手を学びました。

その頃に培われた
格闘家としてのセンスと体格を活かし、
全日本女子プロレスに入団。

1980年8月8日に開催された、
大森ゆかり戦(田園コロシアム)で、
デビューを果たします。

ところが、
先輩レスラーとの軋轢も絶えず…

一方、同じような悩みを抱えていたのが、
ライオネス飛鳥さん。

そのことを知った長与さんは、
ライオネス飛鳥さんを誘い、
クラッシュギャルズを結成。

最強タッグと呼ばれ、
アイドル化していくクラッシュギャルズ。

一方、ヒール役に徹していた
ダンプ松本さん率いる極悪同盟も、
大ブレイク!

奇しくも、
クラッシュギャルズvs極悪同盟という
図式が成り立ち、世間も盛り上がります

これまでの、ただのアイドル路線ではなく、
女子プロレスという一つの競技が、
世間に認められた瞬間でした。

長与千種というレスラーは、
先見の目もあり、
また対戦相手も生かしてくれるレスラー。

周囲の人は、
誰もがそのことを称賛しています。

実際に対戦していたダンプ松本さんもその一人。

「長与千種と対戦すると、
普段10しか出なかった力が、
20も30も出せる!」

そんなことを語っています。

相手の実力をより引き出し、
プロレスをショーと言う側面だけでなく、
真剣勝負としても魅力あるものとした!

それは、彼女が、
根っからのプロレス愛を持つ
女子プロレスラーだからこそです。

ただ、一方で、
組織との軋轢は高まっていました。

クラッシュギャルズの人気が、
少し低迷していた頃、
長与さんは、
神取忍さんとのシングルマッチを希望…

しかし、会社はそれを認めてくれません

さらに、25歳定年説を唱え、
長与さんたちの扱いが
雑になっていったのです。

このことで、長与さんが持っていた
プロレスへの愛が冷え切ってしまいました

1989年に現役引退後、
大切ななにかのため以外は、
現役復帰はしてきませんでした。

それは、
長与千種さんが義理人情を大切にし、
曲がったことを
許さないタイプだったからこそ…

同郷の大仁田厚さんとタッグを組んだり、
デビル雅美さんとの対戦のために復帰したり…

まさに、彼女が愛する人達のため
現役復帰し、
そのたびに引退もしてきた長与千種さん。

既に現役は引退していますが、
もしかしたら、仁義を尽くすために、
また一試合限定の復活があるかもしれない…

そんな期待をさせてくれる
女子プロレス界のレジェンドなのです。

以上が、
簡単な長与千種産のプロフィール。

クラッシュギャルズだけでなく、
女子プロレス界に革命をもたらした
レジェンドの一人!

そのことだけは、
長与さんの簡単なプロフィールから
十分理解できます。

有吉反省会でも、
そんな彼女の凄さが、
随所で見られるはず!

ぜひ、気になる方は、
番組を御覧くださいね。

「犬とリングイン」って?

長与千種さんは、
大の愛犬家として有名!

それは、
所属していた団体の公式ページにも
掲載しているほど…

話によると10匹のワンちゃん
彼女は暮らしているという。

殺処分0を掲げ、
保護犬の譲渡会にも、
積極的に参加…

それだけ、
ワンちゃんが大好きなのでしょう。

そして、
彼女のワンちゃんへの愛は、
我が子を慈しむようにも感じられます。

よくボクサーが、試合に勝利した後に、
自身の子供をリングインさせる光景が
見られますよね。

それと同じように、長与千種さんは、
とある試合で、
愛犬をリングインさせています。

それが、何の試合だったのか、
詳細はどこにも掲載されていませんでした。

ただ、その話が、
1月12日放送の有吉反省会で語られるので、
気になる方は、是非番組を御覧くださいね。

一般人から暴行された事件って?

昨年(2018年)、長与千種さんが、
暴行事件に巻き込まれ、
小指を負傷したと報じられていましたよね。

私もその報道は知っていますが、
初めてニュースで一報を聴いたときは、
一瞬、長与千種さんが
何か事件を起こしたのかと誤解していました。

当初、スポーツ界が、
何かと、パワハラ・セクハラ問題で
不祥事連発!

『これが、2020年に、
東京でオリンピックを開催する国なのか?』
と、イメージも最悪…

そんな中でのニュースだったため、
『長与千種が暴力事件を起こした』と、
誤解した人も多かったのです。

ただ、今回の話は、全くの誤解

誰もが、すぐさまそのことに気づき、
長与さんの神対応に大絶賛

では、改めて、
この事件を振り返ってみましょう。

暴行被害の経緯

事件は、2018年11月19日、
北海道札幌市内の
とある駐車場で発生しました。

当日、
バー・飲食店経営者の長谷川匡氏(27)が、
妻と喧嘩し暴力(DV)を奮っていました。

長与さんは、仲間と楽しく食事し、
帰宅中…

そんな中、偶然にも、駐車場で
『助けて!』と、
女性の悲鳴が聴こえてきます。

ふと周囲を見ると、
羽交い締めを受けている女性を目撃…

明らかに、女性(妻)の
身の危険を感じた長与千種さん…

すぐさま警察に通報した上で、
二人の喧嘩(DV)に割って入ったのです。

ところが、逆上した長谷川氏(DV夫)に、
髪を掴まれ頭を抑えられた直後、
左手小指もひねられ骨折。

幸いにも、長谷川氏は、
凶器を持っていませんでした。

そのため、
普通なら余裕でフルボッコ
出来た状況でした。

しかし、
長与さんは格闘家なので、
一般人に手を出せません

そのことを熟知していたからこそ、
極力手を出すこと無く、
とにかく防衛する一方だったのです。

そこに警察が駆けつけ
長与さんを取り押さえようとしていました。

彼女が格闘家として有名だったため、
『長与千種さんが暴行事件を起こした!』と、
警察官も勘違いしてしまったのです。

本当に失礼な話ですよね!

流石に、警察官も、
明らかに誤解とすぐ気づき、
長谷川氏を取り押さえ逮捕…

女性(妻)は救助され、
後日、長与さんに感謝状が送られました。

ただ、長与さんの負傷は、
しばらく回復しませんでした。

名誉ある負傷といえば聴こえは良いですが
なんとも不運な事件でした。

暴力を肯定するわけではないとしても、
まだ、それなりの理由があるのなら、
情状酌量の余地はあります。

ただし、今回の一件は、
もう一軒はしご(飲み続ける)するか
どうかもめただけ…

そんな理由で、
明らかに弱い女性に暴力を振るうなんて、
あまりにも身勝手極まりない行為です。

そんな相手なら、
容赦なくフルボッコにして構わないとさえ、
思えてなりません。

しかし、そんな相手にさえ、
格闘家は暴力を使ってはいけません。

力を使うのは、
あくまでリングの上だけです。

力の使い方をわきまえる長与千種

長与さんはそのことをちゃんとわきまえ、
冷静に状況を判断し対応したわけです。

だからこそ、
『長与千種神対応!』
と世間は大絶賛!

客観的に見ると、
あくまで、一つの事件に過ぎません。

ただ、ある種の武勇伝として、
この事件は、大きく報じられました。

近年、自分の力を誇示するために、
弱い相手に平気で暴力を振るう人が
多すぎます。

それだけに、
長与千種さんの姿を模範としてほしい。

ただそのことを願うばかりです。

まとめ

元女子プロレスラーの長与千種さんは、
ライオネス飛鳥さんと
クラッシュギャルズを結成。

一方で、愛犬とリングインするなど、
プロレスラーとして多大な活躍しています。

残念ながら既に現役引退していますが、
暴力事件で被害者を救出するなど、
武勇伝も多く尊敬できるアスリート。

きっと、有吉反省会でも、
そんな話が語られるはずなので、
ぜひ、放送を楽しみにしたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする