花王エッセンシャル炎上ツイートの内容は?相席スタート山崎ケイ「ちょうどいいブス」CMは?

スポンサーリンク

花王エッセンシャル炎上ツイートの内容は?相席スタート山崎ケイ「ちょうどいいブス」CMは?

またも企業のCMで
炎上案件が発生していましました。

花王が販売するヘアケアシリーズの
エッセンシャル」が、
女性の容姿(見た目)を揶揄する
プロモーションを展開し、批判を集めました。

誰の容姿についてなのかというと、
「相席スタート」の山崎ケイさんでした。

どんな批判が集まったのか、
批判された理由は何なのか、調べました。

関連記事

山崎ケイ(相席スタート)の身長やプロフや彼氏は?ブスかわだけど高学歴?出身校と嫌いの声まとめ

削除されたツイートの内容は?

花王の「エッセンシャル」のPRは、
2018年8月11日
リニューアル販売を開始するシリーズの
販促として行われたものでした。

お笑いコンビ「相席スタート」の
山崎ケイさんを起用した
1分程度のウェブ動画と、
動画へ誘導するツイートで構成された
PRでした。

出典:https://natalie.mu/owarai/gallery/news/291933/970603

動画は、リニューアル商品を使うことで
ロングヘアを乾かす煩わしさ
解決されることを訴求する内容で、
相席スタートの2人による掛け合いも
内容に含まれていました。

動画では、
山崎ケイさんが長い髪を
乾かしている様子がありました。

しかし、ネット上で
最も批判を浴びたのは動画の内容ではなく

動画へ誘導するために呟かれたツイートでした。

エッセンシャル公式ツイッターは
2018年7月22日にこのようにツイート。

「山崎ケイってちょうどいいブスじゃなかったっけ?いい女になってるその秘密は?ツイートして、続きの動画をチェックしてね」

この投稿が炎上してしまいました。

炎上したことや
批判のコメントを受け、

エッセンシャル公式ツイッターは7月31日に

「先日のエッセンシャルの広告により、多くの方にご不快な思いをさせてしまった事を深くお詫び致します。大変申し訳ございませんでした」

と謝罪し、関連動画を削除しました。

「ちょうどいいブス」山崎ケイのプロフィール

名前:山崎ケイ

本名  :山﨑恵(旧芸名でもある)

生年月日:1982年06月13日(35歳)

出身地 :千葉県柏市

ユニット名:相席スタート

担当  :ボケ(立ち位置は向かって左)

相方  :山添 寛(やまぞえ かん)

養成所 :東京NSC13期生出身

血液型 :B型

学歴: 早稲田大学第一文学部卒

ツイッターの反応や批判は?

批判が殺到したのは、ツイートの中の
ちょうどいいブス」という言葉でした。

「ちょうどいいブス」は山崎さんの自称で、
ネタやバラエティ番組でも
ご本人が使っているフレーズでした。

つまり、もともと
花王が考えたフレーズではありません。

しかし、広告に使うこと
意味合いが変わってしまい
このような批判が殺到しました。

「本人がそういう売り出し方をしてるからって 『外見で値踏みする男の目線』を前提にした宣伝をある程度有名な企業が丸のっかりしてやってはいけないでしょう」

「『ちょうどいい』って男にとっての『ちょうどいい』ですよね。『いい女』って、男にとっての『いい女』ですよね。『女性は男性に高評価されたがっている』っていう認識やめませんか」

さらには、この炎上を見たユーザーから

「またこのパターンか」

「あれほど他社が叩かれてるのを見ていながらOK出したの」

という新たな批判も生まれました。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/15096046/

7月31日には、

「先日のエッセンシャルの広告により、多くの方にご不快な思いをさせてしまった事を深くお詫び致します。 大変申し訳ございませんでした。頂いたご意見1つ1つを関係者全員が心に刻み、皆様にご支持いただけるブランドになれるよう、今後の活動に活かしてまいります」

と謝罪のツイートを発信し、
ユーチューブに掲載されていたPR動画も
閲覧できなくしています。

これまでに批判されたプロモーションは?

2017年7月に公開されたサントリー
「頂(いただき)」のウェブ動画は
女性を小馬鹿にしたり、
過度に性的な見せ方をしたということで炎上。

2018年4月には、キリンビバレッジの
「午後の紅茶」ツイッターが、

イラストレーターのつぼゆりさんによるイラスト
「モデル気取り自尊心高め女子」
「ロリもどき自己愛沼女子」をPRに使い
女性の自虐という体裁を取って
女性を軽んじるプロモーションを行い炎上しました。

いずれも女性を軽く扱ったり
小馬鹿にしたものが炎上しているので
これを見ていると、今回の炎上は
もしかしたら防げたのではとも思います。

まとめ

今回は、山崎ケイさんを起用した
花王「エッセンシャル」のツイートの
炎上について調べました。

ここ1年くらいでも
似たような事例があるので
今回の炎上は防げたのではと
思ってしまいました。

たとえ芸人さんのネタでも
ネタとして本人が言うのと
他者が言うのでは確かに
意味が違ってきますね。

おそらく今後、
ポスターやテレビCMや
電車の車内広告などの展開も
予定していたのではと思います。

どんな広告に切り替えてくるのか
密かに注目しておきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする