山本篤がすごすぎる!パラ陸上で北京銀・リオ銀なのにスノーボードも?!年齢や競技歴をチェック!【平昌パラリンピック】

スポンサーリンク

山本篤がすごすぎる!パラ陸上で北京銀・リオ銀なのにスノーボードも?!年齢や競技歴をチェック!【平昌パラリンピック】

平昌五輪も閉幕を迎え、次はパラリンピックを楽しみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

パラリンピック選手は、オリンピック選手と比べると残念ながらまだまだ注目されていない傾向にあります。

そこで、「この選手はすごすぎる!」という選手を、開幕までにご紹介しようと思い、調べていました。

すると・・・

普段は夏季のパラリンピックで活躍しているのに、なぜか冬季パラリンピックにも出場する選手を見つけたので、まとめてみました。

プロフィール

山本 篤 (やまもと あつし)

生年月日 1982年4月19日(現在35歳)

性別 男性

身長 167cm

体重 59kg

出生地 静岡県 掛川市

ポジション / クラス T42クラス(片大腿切断など)

この「クラス」というのは、パラリンピック競技で「どのような障害を持っているのか」を示すものです。

山本篤選手の場合、片足の膝より上の位置を切断している、ということがわかります。

(つまり、膝も義足です。)

切断の原因となったのは、高校2年の2000年3月にバイク事故に逢ったこと。

左太ももから下を切断することを余儀なくされました。

山本篤選手の成績

パラリンピックのみの記載とさせていただきますが、すでにこのような成績をあげています。

夏季パラリンピックは、3大会連続で出場しており、陸上競技で3枚のメダルを獲得しています。

2008年(北京パラリンピック)

男子走り幅跳び 銀メダル

2012年(ロンドンパラリンピック)

男子走り幅跳び 5位

2016年(リオパラリンピック)

男子走り幅跳び銀メダル
4×100mリレー(T42-47) 銅メダル
男子100m 7位

リオパラリンピックでの跳躍をご覧になりたい方は以下の動画をどうぞ。

6m70cmを記録した跳躍は、会場を沸かせました。

山本篤選手とスノーボード

このように、パラリンピックをチェックしている人にとっては、山本篤選手は「陸上選手」なのです。

その山本篤選手がなぜ今回は冬季五輪に?!と驚いている人もいるかもしれません。

そこで、インタビューなどを元に、なぜ今回はスノーボードに参戦したのかを調べてみました。

今回はまさかの「スノーボード」

実は山本篤選手は、事故に遭う前にも趣味でスノーボードをしていたそうです。

事故に遭って脚の切断を余儀なくされた際、手術の前に担当医に「スノーボードできますか?」と尋ねたというエピソードが語られています。

スノーボードは「新しい刺激」?!

山本篤選手がスノーボードを本格的に始めたのは、2018年平昌冬季パラリンピックで、スノーボードがメダル対象種目になったから。

夏季パラリンピックで3つのメダルを獲得していることもあり、「新しい刺激」を求めていたことも決断を後押しすることとなったそうです。

これだけ聞くと、ただメダルを色々手にしたいのかな?と思ってしまいそうですが、「メダル対象種目になったから出場を決めた」ということにはもう1つの意味がありました。

競技への注目度を上げるため

今回の参加を決めた背景には、山本篤選手ご自身が感じている、オリンピック・パラリンピック東京大会の課題がありました。

それは、「パラリンピック選手の知名度不足」です。

この記事の冒頭にも書きましたが、「パラリンピック選手の名前を挙げてみて」と言われて、3人答えられる人は、日本にどのくらいいるでしょうか。世界にどのくらいいるでしょうか。

オリンピック選手と比較すると、圧倒的に知名度が不足していることは事実です。

山本篤選手は、平昌大会に出場することで、夏冬通じてのパラリンピック出場という快挙となり、障害者スポーツの知名度は一気に上がると考えたそうです。

「夏も冬も出られるのかと衝撃を与えたい」というのが、山本篤選手の言葉です。

まさにご自身が宣伝塔となることを考えての出場のようです。

成績がすごすぎて「急遽追加」?!

これだけ大口を叩いているけれど、陸上選手がスノーボードなんてできるの?と思うかもしれません。

実は、山本篤選手は、2017年2月に国内大会(全国障がい者選手権)へ出場済み。

それをきっかけに、今季から日本代表入りし、W杯にも出場を果たしています。

2017年2月の大会では、スノーボードクロス大腿義足の部で、なんといきなり優勝。

W杯の日本代表として出場した、2017年9月のW杯ニュージーランド大会では、バンクドスラロームで6位入賞を果たしています。

この衝撃とも言える結果を受け、日本パラリンピック協会が出場枠を与えたそうです。

まとめ

陸上選手が突然の異ジャンル出場ということで、それだけでもすごいのですが、すでに国際大会で入賞を果たしていることがわかりました。

競技の結果だけでなく、パラリンピック競技の知名度を上げるために新しいことに挑戦するという考えも含めて、素敵な選手だなと思いました。

すでにさまざまなメディアで注目されている山本篤選手。

どんな試合になるのか、今から楽しみです!

※以下は特集されたミニ番組やニュースの動画です。