マツコ会議で原宿シェアオフィス「WeWork Iceberg (アイスバーグ)」|高橋正巳や社長の名前・家賃は?

2018年9月29日(土)に放送の
「マツコ会議」には、

原宿にあるという
高級シェアオフィスが紹介されます。

予告には27歳の女性社長や
白金に土地を持つ
富裕層っぽい男性が登場していました。

予告ですでに、
家賃が3桁(100万円台)ということが
明かされていたので

社長の情報やどこのオフィスなのか
気になって調べてみました。

シェアオフィス「WeWork Iceberg (アイスバーグ)」

予告ではシェアオフィスの名前こそ
でていないものの、内装は紹介されていました。

この画像を元に調べてみたところ・・・

同じ内装のシェアオフィスを発見!

「高級シェアオフィス」として
紹介されていたのは

WeWork Iceberg (ウィーワークアイスバーグ)

というところでした。

WeWork(ウィーワーク)は、渋谷区神宮前6丁目のThe Iceberg(ジ・アイスバーグ)に国内5カ所目のコラボレーションオフィスを開設する。賃貸床面積約1200坪のビルを一棟借りする予定。同社は日本国内でのオフィス展開を加速しており、2018年12月までに合計10拠点、利用者1万人を目標としている。

引用:https://tech.nikkeibp.co.jp/kn/atcl/nfmnews/15/030103749/

2018年8月1日に
オープンしたばかりです。

運営している会社は
アメリカ・ニューヨークの会社で

近年、日本国内にも進出してきている
ということでした。

調べてみると、
どうやらサービスが他のシェアオフィスとは
ちょっと違うようです。

WeWork アイスバーグ(Iceberg)の特徴

出典:https://www.shibuyabunka.com/blog.php?id=993

かなり外観も特徴的な
WeWork Iceberg。

特徴は大きく3つあります。

1 ブレーンストームルーム

ブレーンストーミング、
通称「ブレスト」は
企業でも行われることが多いと思います。

新たなアイデアを出すための
打ち合わせの場が、このオフィスには
用意されています。

利用者は、

書き込み可能な壁
立ったまま利用できる家具
配置されているなど

活発に意見を出し合う
ブレーンストーム向けのスペースを
利用できます。

2 イベントスペース

プロジェクター、サウンドシステム、
照明コントロールが備えられた
ラウンジも、設備に含まれています。

ここを利用したイベントも
ちょくちょく開催されているようです。

サイバーエージェントみたいな
イケイケ企業が好きな人には
かなり喜ばれそうです(笑)。

3 ウェルネスルーム

イベントができる一方で、
静かに活動したいという人もいるのが
シェアオフィスの悩みでしょう。

WeWorkには、
施錠可能で静かな部屋が用意されています。

授乳中の女性や
祈りを捧げる宗教の人、
瞑想する人が
過ごしやすいようになっています。

活発な人にも、穏やかに過ごしたい人にも
なかなか過ごしやすそうな施設ですね。

WeWork アイスバーグ(Iceberg)の家賃は?

サイトの表記によると、
月額料金 (税抜) 101,000円 〜とのこと。

都内で狭めのマンションなら
借りれるくらいのお家賃ですね。

オフィスとして考えると
そんなに高い感じもしませんが・・

どうして「高級シェアオフィス」と
言われていたのでしょうか?

おそらく、
番組に出演する人たちが
実際の家賃を話していたところから
このような
煽り文句になっているのかと思います。

ゼネラルマネージャー・高橋正巳がすごすぎる

WeWorkのゼネラルマネージャーの
高橋正巳(たかはしまさみ)さんが
かなりすごい経歴の持ち主でした。

出典:https://www.shibuyabunka.com/blog.php?id=993

名前:髙橋正巳(たかはし・まさみ)

生年月日:????年??月??日

学歴:シカゴ大学、欧州経営大学院(INSEAD)卒業

<経歴>

ソニー株式会社(〜2014年)

Uber Japan株式会社 執行役員社長(〜2017年)

WeWork(2018年〜)

小学生の頃はイギリスやスイス
中学はニューヨークで過ごしたという
国際的な経験をもつ高橋正巳さん。

シカゴ大学に進学した当時は
弁護士を志望していたそうです。

しかし、在学中に「9.11」があり
ものすごいショックを受け、

自分の国際経験を活かして
何か世の中のためになることを
やりたいと強く思うようになり

弁護士ではない道を選んだそうです。

高橋正巳さんは早速
国連の職員などに面会し、
社会貢献活動の現状を聞きました。

その結果、共通の悩みが、

  • 組織が非効率
  • アイデアを実現するために時間がかかる

ということだと分かったそうです。

「だから、まずはビジネスの世界に入って、スピード感や決断力を身に付けてから社会に活かそうと思いました」

キャリアのスタートが
ソニーだった理由はこれでした。

マーケティングとブランディングの
担当者になり、
「ブラビア」ブランドを全世界で
立ち上げるプロジェクトの一因として働き

2007年にはパリに異動して
フランス国内のテレビ事業の
プロダクトマネージャーを務めました。

これだけでもかなりの
凄腕メーカー社員ですね。

それだけでなく、
ソニーに籍を置きながら
2011年には名門ビジネススクール
「INSEAD」でMBAを取得しています。

その後、
2014年にアメリカの配車サービス
ウーバー・テクノロジー」の日本法人の
代表となっていましたが

2017年に退社し、現在の
シェアオフィスのウィーワークに移籍しています。

外資系企業で
重要なポジションに就いているだけでも
かなりすごい気もしますが、

高橋正巳さんの向く先は
おそらく9.11のときから変わらず

  • 組織を効率的にすること
  • アイデアを実現しやすくすること

なのだと思います。

そういう意味では、
WeWorkの活動は

若くして起業する人や
柔軟な発想で組織を動かす人が
アイデアを実現しやすくする
環境を提供しているので

やりたいことに近いのかもしれません。

まとめ

今回は「マツコ会議」で
紹介される高級シェアオフィスについて
調べました。

出演する女性社長や
白金に土地を持つ男性の名前は
分かりませんでしたが

運営している人が
かなりすごい経歴ということが
分かりました。

WeWorkはまだ
オープンしたてのようで
利用者を募集しているので

気になる人は内覧の申し込みを
してみてはいかがでしょうか。