富山女性集団性的暴行容疑者男8人名前は?不起訴理由は?もみ消しは誰の親?検事は?

スポンサーリンク

富山女性集団性的暴行容疑者男8人名前は?不起訴理由は?もみ消しは誰の親?検事は?

まだ記憶に新しいことでしょう。

富山県で起きた、20代女性1人に対して
8人の男性が性的暴行(強制的な強姦)を
行なった事件が2018年6月10日にありました。

この事件、十中八九有罪とみられていましたが
まさかの「不起訴」となっていることが
分かりました。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/231001

友人同士だった男性の一部
(左から郷倉、上谷、松本容疑者)

路上で声を掛けた女性を
富山市内のアパートに連れ込み、
集団で性的暴行を加えた事件は

事件詳細もかなりえげつないもので
男性の名前も公表されたことで
世間からは完全に非難されている状態でした。

それがなぜ、
不起訴となっているのでしょうか?

不起訴処分の理由は?

 富山市内のアパートで女性に集団で性的暴行を加えたとして、強制性交等容疑で逮捕された富山県射水市の自称会社員(31)ら男性8人について、富山地検は17日、全員を不起訴処分とした。地検は処分理由を明らかにしておらず「証拠に基づいて判断した」としている。【森野俊】(毎日新聞)

なんと
不起訴処分の理由が明らかに
なっていませんでした。

明らかにできない理由、が
あるのではと勘ぐってしまいますね。

富山地方検察庁は6月29日に
すでに8人全員を処分保留のまま
釈放しています。

つまり、
強姦魔たちは8人全員、
再び富山県に放たれている状態です。

逮捕された8名の名前は?

逮捕された8人、
当時の記事で発表された実名が
こちらです。

<会社員>

  • 村中圭介(31)
  • 堀下峻(30)
  • 郷倉郁也(30)※既婚
  • 後田知之(30)※既婚
  • 松本浩之(30)
  • 土林礼征(27)
  • 端保貴大(25)

<富山市・無職>

  • 上谷知也(30)

8人は同僚や同級生、知人同士であり

8人のうち、5〜6人は
小中学校の同級生とのこと。

郷倉容疑者と後田容疑者は
結婚していて、嫁も子供もいることが
わかっています。

事件の概要を振り返る

不起訴になるような
内容だったかなと思い、当時の
事件記事を振り返ってみました。

10日午前4時ごろ、富山市内の繁華街の路上で8人のうち数人が、酒を飲んで帰宅途中だった女性たちに「もう一軒行こう」と声を掛け、一緒に飲食店に入った。すっかり夜も明けた早朝6時前、1人の女性に「家まで送ってあげる」と言って車に乗せ、女性の自宅ではなく仲間の1人が住むアパートへ連れて行った

「付近には住宅もあるので、騒がれたらマズいと思ったのでしょう。無理やりというより、うまいこと言って部屋に上がらせた感じです。しかし、家のドアが閉まった瞬間、男たちは態度を豹変させた。女性は肩や手足を押さえられて衣類をはぎ取られ、入れ代わり立ち代わり犯され、男性器を口にくわえさせられたそうです。約2時間にわたり、さんざん体をもてあそばれ、朝8時ごろようやく解放された」(捜査事情通)

女性はアパートを出た直後、携帯電話で「見知らぬ男たちにアパートで乱暴された」と110番。すぐに駆け付けた捜査員が、付近にいる数人の男を発見。職務質問したところ、一部容疑を認めたため、すでに現場を離れていた連中にも任意同行を求めたという。8人のうち、ほぼ半数が「みんなで無理やり暴行した」と認め、もう半数は「無理やりではない。同意があった」とトボけているそうだが、8対1で同意などあるわけがない。

引用:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/231001/2

このトボけていた半数の親族が
議員か何かで、圧力をかけたのではと
言われていますね・・・。

一番年下の端保容疑者の父親が、日刊ゲンダイの取材に応じた。

「ニュースで聞いて初めて(逮捕を)知った。警察から電話があり、(息子の)嫁が出て(捜査員から)『今、警察にいます。着替えを持ってきてください』と言われた。(息子とは)一緒に住んでいて、結婚して保育所に行っとる男の子が2人いる。嫁もつらそうだった。大変なことをした」

不起訴になったとしても
強姦という事実は変わらないので
これからこの8名は
社会的制裁を多少は受けるでしょうか。

まとめ

今回のニュースで気になったのは
「誰がもみ消したのか」なのですが

「不起訴処分」と表現している記事と
「処分保留」と表現している記事があったのも
気になります。

弁護士サイトによると
処分保留は再逮捕される可能性があるようです。

一方、不起訴処分は
以下の3つの場合が
あるそうです。

  • 嫌疑なし
  • 嫌疑不十分
  • 起訴猶予

1.「嫌疑なし」とは、犯罪の嫌疑がかかったので捜査したがそのような嫌疑はなかったということです。
2.「嫌疑不十分」とは、罪を犯したという疑いは残っているが、これを証明するための証拠が十分ではないので、起訴しないということです。
3.「起訴猶予」とは、罪を犯しており証明もできるが、軽い犯罪であるとか、被害者と示談ができて被害者も許してくれた、社会的制裁を既に受けている、深く反省しているなどの理由で、今回は、起訴しないであげますということです。

引用:https://izumi-keiji.jp/column/jiken-bengo/kisoyuyo-shobunhoryu-chigai

仲間の半数が認めているということなので
1はなさそうです。

2の証拠不十分にあたるとしたら、
女性の証言だけでは不十分だった、
ということなのかもしれません。

もみ消した場合だと、
お金をポーンと支払って
3の「示談ができた」に
なった可能性がありますね。

何れにしても
理由を明かしてもらえない限り
事件の真相は闇の中です。

被害にあった女性のことや
同じ地域に住む若い女性のことを
思うと、8人には然るべき処分が
与えられて欲しかったところです。

ネット上の反応は疑問の声ばかりなので
それも分かるなと思いました。