スタジオディーバのCA内定メイクや“盛れる”就活写真比較!料金や予約方法は?マツコ会議

スポンサーリンク

スタジオディーバのCA内定メイクや“盛れる”就活写真比較!料金や予約方法は?マツコ会議

こんにちは、しげまるです。

2018年5月5日(土)に放送の
マツコ会議では、アナウンサー合格者続出の

就活写真スタジオが紹介されます。

「補正なしで美脚」と
記載された番組の1シーンが
とっても気になる今回の放送。

就活はいまや受験よりも激戦状態。

内定を勝ち取るために写真が
重要ということは広く知られていますが

狙う業界ごとに
就活写真は変えたほうがいいと言われています。

就活の中でも超狭き門のアナウンサーの
合格者続出のスタジオがどこかのか。

そして、カメラマンはどんな人なのか。

さらに!何かテクニックがあるのか。

気になる情報が多かったので

調べてみました。

“盛れる”就活写真スタジオは「スタジオ☆ディーバ」

まず、どこのスタジオなのか調べてみると

あっさりと判明。

それもそのはず。

これまで70回メディアに
取り上げられているそうですよ。

それでもまだ知らない人も多いと思います。

撮影しているのはどんな人なのでしょうか。

スタジオディーバカメラマン・山口直也のプロフィール

名前:山口 直也

肩書き:(有)ディーバ・ユニゾン代表取締役社長

学歴:早稲田大学大学院法学研究科博士課程前期修了

高校時代からスタジオアシスタントを
経験しており、大学修了後は
フリーのライター及びカメラマンとして、
雑誌を中心に活動していたそうです。

一度、早稲田大学法学部で教務に携わるため
活動を中止していたそうです。

大学で教えていたということですよね。

すごい経歴です・・・。

1994年に「スタジオ☆ディーバ」を
立ち上げ現在に至ります。

スタジオは開業24年目ですね。

スタジオディーバ・ヘアメイク高木寸子プロフィール

名前:高木寸子

肩書き:(有)ディーバ・ユニゾン専務取締役

学歴:中央大学法学部法律学科卒業 キャリアカウンセラー

アナウンサーからヘアメイクへ転身した
経歴を持ちます。

化粧学、造形学を応用した
独自のメイク理論で視覚的立場から
捉えた自己プロデュースの為の
メイク法を指導しているそうです。

朝日新聞社の就活セミナーを始め、
全国の大学で講演も多いのだとか。

スタジオディーバの”盛れる”就活写真とは

スタジオディーバが注目される理由は
何と言っても”盛れる”就活写真だからです。

どれくらい違いがあるのか、まずは比べてみました。

スタジオディーバの“盛れる”就活写真比較

こちらは、スタジオディーバの公式サイトに
掲載されている就活写真の比較です。

こちらは医師の場合。

左は「傲慢」っぽく、
右は「爽やか」に撮影したそうです。

メイクと撮り方でこんなに変わるんですね・・・。

こちらも「諦めて薄幸」な左の人が
「仕事できそう」な右のように大変身。

こちらもすごい変化です。

実は選挙ポスター撮影でも依頼が多いというスタジオディーバさん。

どれくらい”盛れる”のか検証した
ブログによると・・・

このような人が

選挙風にしっかり変身していました。

変わりすぎていてすごいです・・・。

スタジオディーバの“盛れる”就活写真の秘密は?

写真撮影スタジオディーバはもともと

コマーシャルを手掛けるカメラマンや
プロのヘアメイクさん、カラーリストとの

コラボレーションの場として始まったそうです。

スタート時は
女優さんやタレントさんの
撮影するスタジオだったこともあり

今でもヘアメイクを重視するスタジオ
となっているそうです。

ヘアメイクを重視することが
就活写真のニーズと合致したということのようです。

というのも、

スタジオディーバが各企業の採用担当者に
エントリーシート写真について
インタビューを実施し、以下の回答を得たそうなのです。

接客、サービス、販売、営業が重要な業種では、
基本的に『口を開いた笑顔』の写真が好ましい。
CA、GS、ホテル、百貨店、旅行代理店、
コスメ、アパレル、ブランド販売、ブライダル等がその業種。
暗くて怖い人が不適当だからです。

保険業界は『事故ってますか?おめでとう』
とは言えない立場上、口を閉じたまじめな顔がベスト。

その他、銀行、商社、証券、各種メーカーでは、
どちらでも、清潔感があり明るい写真ならば印象が良い
という答えでした。

口を閉じて微笑んだ表情はどの業界でも無難に使えます。

引用:http://www.studio-diva.net/es_id_photo.html

スタジオディーバのCA内定メイク

清潔感があり、親しみやすさが感じられることが
大切だという「CA(キャビンアテンダント)さんのメイク」。

健康的で、社交的なイメージがあり、
何より華のある感じを大切にした
気配りができる、外交的な感じのある・・・

そんなメイクをするための動画がこちら!

これもスタジオディーバが公開しているものです。

「スタジオディーバの凄さはわかったけど
料金はどうなの?」と思い、調べました。

スタジオディーバの証明写真料金は?

スタジオディーバの撮影は
フィルムとデジタルの2種類があるようです。

ざっくりいうとこれくらいの金額です。

◼フィルム

全24ショットすべてをもらえます。

9,000円

◼デジタル

ベストショットのみを選ぶので
1種類のみの提供です。

撮影のみ3,800円

ベーシック4,800円(撮影中、服装や髪の乱れを直してもらえる)

ただ、ここまででも書きましたが
スタジオディーバは「ヘアメイク」がウリ。

そのため、撮影料に
オプションメニューとヘアメイクを追加して
算出するほうが、現実の金額が
分かりやすいのではと思います。

だいたいこれくらいです。

デジタルコースで ¥15,000~
フィルムコースで ¥14,000~

スタジオディーバの店舗へのアクセスは?

千駄木に二店舗あります。
就活写真は「ホームスタジオ」のほうみたいです。

もう1箇所は、お見合い写真を撮影
できるらしいですよ。

所在地〒113-0022 東京都文京区千駄木2-15-7

TEL (03)3827-3584

Home studio 文京区千駄木2-15-7

Annex studio 文京区千駄木2-21-1-201

まとめ

今回は、マツコ会議で紹介される
“盛れる”就活写真の写真館、
スタジオディーバについて調べました。

・写真というよりヘアメイクが特徴的

・業界ごとに異なるニーズに合わせてヘアメイク

・CAやアナウンサーの内定者も多い

・料金は2万円あれば足りる

個人的には、就活に限らず
一生残したい”盛った”写真は
スタジオディーバさんに頼みたいなと
思いました。