苺研究家・渡部美佳のいちごスイーツ専門店は京都烏丸のどこ?岡山にも?予約は?前職はアパレル?!【セブンルール】

スポンサーリンク

苺研究家・渡部美佳のいちごスイーツ専門店は京都烏丸のどこ?岡山にも?予約は?前職はアパレル?!【セブンルール】

2018年4月17日(火) 23時00分から
放送される「セブンルール」では

“本当に美味しいいちご”を使った
いちご菓子専門店が紹介されます。

本当に美味しいいちごがどんなものなのか
どんなお店で売られているのか気になって
調べてみました。

どこのお店?

紹介されるお店は、京都の烏丸で
人気の苺菓子専門店
「MAISON DE FROUGE」
(メゾン・ド・フルージュ)です。

住所

〒604-8135
京都市中京区東洞院通三条下ル三文字町201 1F
TEL 075-211-4115

元々は2003年4月、
京都市上京区千本通りにオープンしました。

2013年に法人化され、
現在の取引先には大手百貨店が並びます。

  • 株式会社三越伊勢丹
  • 株式会社大丸松坂屋百貨店
  • 株式会社高島屋
  • 株式会社阪急阪神百貨店

営業時間

11:00〜19:00の営業で
月曜日が定休日です。

月曜日が祝日の場合は営業をし
翌日がお休みになるので、
祝日あたりに訪れる予定の人は
注意が必要です。

予約は可能?

オーダーメイドケーキは

  • 直接店舗まで買いに行く
  • 電話をする

という2つの方法で予約ができるそうです。

サイズなどの指定のみのセミオーダーケーキは
受け取りの3日前まで、
形状から相談するフルオーダーの予約は
10日前までに予約することが必要です。

ただ、混み合っている場合は
10日以上前でも受け付けてもらえないことがある
とのことですので、放送後はかなり
予約が取りづらくなっているかもしれません。

そして、店頭でホールケーキの
当日販売も行なっておらず、
ホールケーキはすべて予約のみとのこと。

つまり、バースデーケーキのような
丸い状態のケーキを購入したければ
電話か来店で早めに予約することが必要です。

放送後は混雑が想像できますが
どんなこだわりイチゴを
使っているのでしょうか?

オーナーシェフについて調べました。

オーナーシェフプロフィール

名前:渡部美佳

年齢:不明

出身:山口県

学歴:関西の大学、航空専門学校

職歴:神戸のアパレル会社、印刷会社、アパレル会社の企画デザイン室

大学卒業後に関西で、流通業界や
アパレル業界の仕事に就いていたところ

ご友人に紹介されて食べた
苺の美味しさに感動し、て
2003年に苺のお菓子専門店を
オープンしたそうです。

アパレル業界から
イチゴ(飲食)関係に至ったのは
なんだか不思議ですが

それほど美味しい苺に
出会ったのでしょうね。

現在は苺の魅力を広めるために
テレビ・雑誌・イベントなどにも
出演しているそうです。

イチゴへのこだわりがすごい

渡部美佳さんは、
苺に感動したことをきっかけに
全国の苺農家を訪ね歩き
現在は約25軒の農家と直接
取引きをしているとのこと。

そんなにも大規模なのかというと
実は規模というよりは
洋菓子の種類や使う場所によって
約30種類の苺を使い分けているため
このような契約数になっているようです。

渡部美佳さんが言うには
多くの人が普段食べているイチゴは
完全に熟す前に出荷されたものなのだとか。

農家さんは本当は
「完熟して真っ赤になった苺を食べてほしい」
と考えており、その思いを叶えることが

「本当に美味しいイチゴ」を
多くの人のもとに届けることにつながったとのこと。

品種だけでなく
農家の方がおすすめする「食べごろ」を
使ったスイーツなのですね。

なんだか聞いただけでも
食べてみたくなります。

まとめ

今回はイチゴスイーツ専門店が
どこにあって、どんなオーナーなのかを
調べました。

イチゴを楽しんでもらいたいと
言うだけあって、メゾン・ド・フルージュの
ケーキやタルトは「これでもか」と
いうくらい、たくさんイチゴが使われています。

大手百貨店でも取り扱いがあるようなので
京都から遠い人ももしかしたら
お取り寄せで食べることができるかもしれませんね。