東京の大雪はハイクオリティ雪像目撃のチャンス!SNS映えする雪像出没地予測と過去の名作まとめ

スポンサーリンク

東京で4年ぶりの大雪

雪の影響で交通機関は大混乱

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25978290S8A120C1000000/

東京では2018年1月22日の今日、約4年ぶりとなる大雪でした。

東京近辺で大雪になると電車やバスが遅延して大変ですよね。交通の麻痺に巻き込まれて帰宅が遅れた人や、早めの帰宅令が出た会社の人も多いかもしれません。

せっかくなら雪を楽しもう!

ただ一方で、こんな楽しみ方をしている人がいます。

こだわり雪像に遭遇したい!

人がたくさん集まる場所であり、常に雪がたくさん降るわけでもない東京は、大雪になった翌日にいくつもの「こだわり雪像」が目撃されています。

こだわり雪像出現率の高さ

こだわり雪像とはこういうものです。

出典:http://photozou.jp/photo/show/2009639/166527764

東京近辺でこだわり雪像が多いのは、おそらく主要な美術大学が東京に集まっているからだと考えられます。

美大生といえば、野心の高いクリエイターです。大雪という、せっかくのキャッチーな画材は逃しません。

また、作るのが1人や2人でないことから、SNSで拡散されたいという理由ではなく「雪が降ったら雪像制作!」という、まさに「そこに山があるから登る」状態で制作をしているのかもしれませんね。

こんな雪像に出会いたいと言う人のために、都内の雪像ミュージアムの予測地をまとめました。

こだわり雪像出現予測地まとめ

2013年の大雪のときは、美術大学近辺に雪像が多数見られました。

ハイクオリティの雪像に期待する人は、過去の作例とあわせて美大の所在地をチェックしておきましょう。

主要公園

代々木公園

井の頭公園

昭和記念公園

新宿御苑

続いて、美大キャンパス編です。

美大キャンパス内

多摩美術大学(八王子駅、橋本駅)

多摩美術大学は敷地内に広場が多いので、とても多くの雪像目撃地として有名です。その内容も、リアル系、ギャグ系、キャラ系と多様です。

武蔵野美術大学

武蔵野美術大学は、多摩美術大学と比べるとリアル系が多い傾向にあるようです。

女子美術大学

おまけ:秋田

都心部以外でも、こだわり石像は目撃できるようです。

ただ、都心と比べると目撃情報の数が少ないので、発見するのは難しいかもしれません。

まとめ

何人彼の人がツイートしているように、雪像は白さが反射してしまうため、写真でうまく撮るのがとても難しいものでもあります。

できれば実物を見て、雪まつり気分を楽しんでみてくださいね。

大学キャンパスはほとんどお散歩目的や学食利用などで自由に入れる場所でもありますので、せっかくの大雪をきっかけに、大学潜入を楽しんでみても良いかもしれませんね。

簡単でいいから雪だるまを作ろうかなぁと思っている人はこちらの記事をご覧ください。

大雪で遊ぼう!SNS映えする超簡単おしゃれ雪だるまアレンジ法とは?雪かきアレンジもインスタ映え確実?!