城後波駅(しろごなみ・世にも奇妙な物語2018春)の場所と都市伝説は?ガチャピンとムック登場の意味は?

スポンサーリンク

城後波駅(しろごなみ・世にも奇妙な物語2018春)の場所と都市伝説は?ガチャピンとムック登場の意味は?

こんにちは、しげまるです。
GWも終わり、しばらくの娯楽は
テレビくらいになりそうですね。

そんな矢先、
「世にも奇妙な物語」が
放送されることが分かりました。

毎年不定期に放送される
「世にも奇妙な物語」は
感動系・怖い系・笑い系など

最後までどんなオチになるか
分からないのもドキドキさせられる
短編ドラマとして人気ですよね。

2018年春の「世にも奇妙な物語」は
5月12日に放送されます。

世にも奇妙な物語2018春の内容は
少しずつ公式ツイッターで
公開されていっていますが

中でも注目度が高いものが

ガチャピンとムックが出演する
短編の「城後波駅(しろごなみえき)」
というものです。

どんなストーリーなのか気になり
調べてみました。

世にも奇妙な物語2018春『城後波駅(しろごなみえき)』ストーリー

作品名は『城後波駅(しろごなみえき)』です。

ガチャピンとムックは、2018年3月に
冠(?)番組『ひらけ!ポンキッキ』が
45年の歴史に幕を閉じ、レギュラー番組終了しました。

必然的に出演番組がなくなった
この2人。

慰安旅行に出かけていたところ
その道中で姿を消してしまいます。

2人を探すドキュメンタリーを
撮りたいと考えていた、
ディレクターの岸本(岡田義徳)は

元番組担当プロデューサーから
失踪した2人が最後に送ってきた
動画を見せてもらいました。

すると・・・

2人はある都市伝説について
話していたのです。

その都市伝説とは、

乗換案内アプリで
ある条件で検索をすると、

城後波駅(しろごなみえき)に
連れて行かれて

二度と戻ってこれなくなるというもの…。

城後波駅(しろごなみえき)』都市伝説の詳細は・・・

『城後波駅(しろごなみえき)』の
都市伝説は、

乗換案内アプリで駅名空欄にしたまま
時刻を6月6日 6時6分にする。

というものです。

実際に試してみたくなる
内容ですね。

『城後波駅(しろごなみえき)』の場所は?実在する?

気になるのは、ガチャピンとムックが
連れて行かれてしまったという
『城後波駅(しろごなみえき)』が
どこにあるのかということです。

フィクションなので存在しないだろうなぁと
思いながらも、念のためGoogle Mapで
調べてみました。

すると!

完全一致するところは
ありませんでしたが、

北朝鮮に

「城後」(Seonghuyeog)

というところはありました。

『城後(しろご)駅』ならもしかしたら
実在するかもしれませんね。

世にも奇妙な物語2018春にガチャピンとムックが登場する意味は?

レギュラー番組が終わった今
わざわざ「世にも奇妙な物語2018春」に
ガチャピンとムックが
出演するのはなぜなのでしょうか?

ムックは今回の収録を終えた後
このようにコメントしていたそうです。

「私たちの次回作も
ご覧になりたい皆さんは、

ぜひフジテレビにご意見を!」

もしかしたら
ガチャピンとムックは

レギュラー番組がなくなったからこそ

次に繋がる仕事を
探しているのかもしれませんね。

まとめ

今回は、
ガチャピンとムックが出演する
「世にも奇妙な物語2018春」の

『城後波駅(しろごなみえき)』について
都市伝説や場所やあらすじ、そして
ガチャピンとムックが出演する理由を
調べてみました。

『城後波駅(しろごなみえき)』は
実在しない架空の駅のようですが
もしかしたら、北朝鮮の城後を
意識しているという可能性も0ではない
・・・かもしれませんね。

ガチャピンは『城後波駅(しろごなみえき)』
について、

「1人で見ると怖いけど、
家族やお友だちと一緒に見ると
もっと怖いからお楽しみに…フフフフ」

と語っていたようです。

短編なので
あまり長いものではないですが
どんな内容なのか楽しみですね。

「世にも奇妙な物語2018春」ではこの他に
以下の4作品が放送される予定です。

・三浦春馬主演
ヒューマンSF作品「明日へのワープ」

・白石麻衣(乃木坂46)主演
ホラーサスペンス「フォロワー」

・倉科カナ主演
ヒューマンドラマ「少年」

・唐沢寿明主演
「不倫警察」