情熱大陸の柴野大造(マルガジェラート職人・アジア人初世界チャンピオン)は元酪農家!通販は?受賞した味は?

スポンサーリンク

情熱大陸の柴野大造(マルガジェラート職人・アジア人初世界チャンピオン)は元酪農家!通販は?受賞した味は?

2018年6月3日(日)放送の
情熱大陸には

世界最大のジェラート祭で
アジア人で初めてチャンピオンの座を
勝ち取った、柴野大造さんが出演します。

今回の情熱大陸概要は?

世界最大のジェラート祭は
審査員が辛口であることが知られています。

柴野大造さんがチャンピオンの座を
勝ち取ったことについて
辛口という審査員は
日本で開かれる鮨の世界大会で
 イタリア人が優勝するようなもの
と表現したそうです。

とてもわかりやすい例えですよね。

これをきっかけに、
柴野大造さんの名はスイーツ界に
知れ渡ったそうです。

しかし柴野大造さんは実は
元は家業である酪農家の跡取りだったそうです。

どうして酪農家だった
柴野大造さんがジェラートチャンピオンに
なったのかが気になり、調べてみました。

「世界一のジェラート職人」柴野大造プロフィール

出典:http://shibanotaizo.com/

名前:柴野大造(しばの・たいぞう)

生年月日:1975年??月??日

年齢:42歳

出身地:石川県能登町

兄弟:4人兄妹(長男)

学歴:東京農業大学卒業

家族:既婚者、息子1人(3歳)

地元の瑞穂小中学校、輪島高校を卒業し
1999年には東京農業大学農学部卒業しました。

その後、家業である酪農に就農。
しかし酪農家は借金が一億円以上あったそうです。

そのため、酪農家を辞めて2000年に
地元・石川県能登町に北陸初の
牧場直営ジェラートショップ
「マルガージェラート能登本店」オープンさせ
ジェラートの道に進みました。

もともとジェラート作りの
経験は全くなく、
独学で試作を続けたという柴野大造さん。

一見かなり無謀ですが
繊細な技術が認められ、

2014年 イタリアジェラート国際大会で
ピスタチオ部門10位入賞。

2015年 ジェラート日本チャンピオンを獲得。

2016 sherbeth festivalにて
外国人部門第1位を受賞。

出典:http://shibanotaizo.com/

今やデザート界での有名人です。

受賞したジェラートはどんな味?

やはり気になるのは、
優勝したというジェラートの味ですよね。

柴野さんが目指しているのは
五感で感じるジェラート”とのこと。

地域素材や地元の生乳を100%使用し
”ジェラートのアロマ”を
特に大事にしているそうです。

時には数種類の花やスパイスを駆使し
複雑な香りを抽出するのだとか。

食べた瞬間に
そこに風景が浮かぶような
味わいを目指しているということなので
受賞した味を調べました。

「日本ジェラートマエストロコンテスト」 優勝作品

出典:http://shibanotaizo.com/

能登塩ピスタチオと
オレンジバニラのマスカルポーネ

「2016 sherbeth festival」外国人部門第1位受賞作品

出典:http://shibanotaizo.com/

杏仁豆腐アプリコット
~ハニー&ジンジャーキャラメルソース~

・・・・やっぱり
文章と写真だけでは
どんな味なのかあまりわかりませんでしたね。

ということで、食べることができる
方法がないかを調べました。

「世界一のジェラート職人」柴野大造のジェラート通販サイト

東京には出店していないという
柴野大造さんのジェラートショップ
「マルガジェラート」。

奥能登でのジェラート作りに
こだわっているため、
このように限定された店舗なのですが

通販サイトがあるので
遠方の人はこちらで購入しましょう!

マルガジェラートオンラインストア

例えば、
シェフ特別チョイスジェラート6個セットは
送料込で¥3,700(税込)とのこと。

1つ600円くらいですね。
なかなかいいお値段ですが
高級ジェラートだと思えば
手がとどく金額かもしれません。

まとめ

今回は
アジア人初の「sherbeth festival」での
外国人部門第1位を受賞した柴野大造さんに
ついて調べました。

・実家の酪農業は借金1億円だった
・ジェラートは石川県の店舗で買える
・東京には進出していない
・通販ならある

通販のジェラートは
1つ約600円ということなので
何か奮発できる機会に
買ってみたいです。