ゆりかもめ新駅名「東京ビッグサイト駅」を決めたのは誰?コミケとの関係や費用や影響は?記念切符は?

スポンサーリンク

ゆりかもめ新駅名「東京ビッグサイト駅」を決めたのは誰?コミケとの関係や費用や影響は?記念切符は?

出典:https://response.jp/article/2018/07/09/311722.html

ゆりかもめで2都農駅が
新しくなったというニュースが
報じられましたね。

駅名の変化

駅名の変更が報じられたのは
この2つの駅です。

旧「国際展示場正門」駅

新「東京ビッグサイト」駅

旧「船の科学館」駅

新「東京国際クルーズターミナル」駅

ビックカメラと混同して「東京ビックサイト」

なんて表記しないようにしなければですね。

変更の理由は?

実際に駅名が変更されるのは
2019年3月からです。

このタイミングに駅名を変更したのは
何故なのでしょうか?

東京ビッグサイト駅

国際展示場正門駅(U11)は
1995年に開業した駅です。

東京ビッグサイト、別名
東京国際展示場の最寄り駅である
ことから「国際展示場」と
名がついていましたが

コミックマーケット(コミケ)など
大規模イベントでは
「東京ビッグサイト」と呼ばれる
ことの方が多いため

この名称に変わるようです。

東京国際クルーズターミナル駅

船の科学館駅も、1995年11月1日に
開業した駅です。

しかし、駅名の
「船の科学館」は、
現在は本館展示公開を休止しています。

そのため「船の科学館」ではない
名称に変更するということのようです。

そして今後この駅の近くでは今後
新駅名に関わる工事が行われます。

東京クルーズビジョン
(2014年1月策定)と言われる

世界最大の客船に対応可能な
新客船ふ頭を整備する計画があることから
計画完了を見越して
「東京国際クルーズターミナル」
に早くも変更しているのですね。

駅名を決めたのは誰?

気になるのは、
この新名称を誰が決めたのか、
ということです。

公募などの表記はなかったので

おそらく、ゆりかもめが
会社として新しくつけた名前だと
考えられます。

特に「クルーズターミナル」は
「東京クルーズビジョン」の計画を
知っていないとつかない名前です。

一般の人はあまり
この計画を知らないはずですし
今回は代理店やゆりかもめなどの
会社として決めたという
推測が妥当なところかなと思います。

費用についても情報は
なかったので、今後試算が出るかもしれません。

まとめ

今回はゆりかもめの
駅名変更についてまとめました。

駅名変更となると
実施までに記念写真を撮りに来る人や

新しい表示になった最初の運行など
鉄道ファンが集まりそうな気がします。

もしかしたら記念切符や
乗車券も出るかもしれません。

いつから表示が変わるのかは
具体的な日にちでは出ていないので
気になる人は今後の続報を
チェックしてくださいね。