初優勝した関脇・御嶽海(みたけうみ)のプロフィールや賞金は?異例の優勝?【大相撲名古屋場所 】

スポンサーリンク

初優勝した関脇・御嶽海(みたけうみ)のプロフィールや賞金は?異例の優勝?【大相撲名古屋場所】

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180721/k10011543221000.html

大相撲名古屋場所は
14日目の7月21日に
関脇である御嶽海(みたけうみ)が
千秋楽を待たずに
初めての優勝をしました。

これから話題の人になりそうな
御嶽海(みたけうみ)について
プロフィールを調べてみました!

関脇・御嶽海(みたけうみ)のプロフィール

出典:http://www.kisoji.com/mitakeumi/profile.html

名前:御嶽海 久司(みたけうみひさし)

本名:大道 久司 (おおみち ひさし)

生年月日:1992年12月25日

出身地 長野県木曽郡上松町

出身校:長野県立木曽青峰高校(森林環境科)

身長:179cm

体重:161kg

所属部屋:出羽海

しこ名履歴:御嶽海(みたけうみ)

初土俵:平成27年三月場所

得意技:突き・押し

父は大道春男(おおみちはるお)さん。
母はフィリピン人のマルガリータさん。

ハーフの関脇ですね。

幼いころから運動神経には恵まれ
自信を持っていたという御嶽海。

昔から相撲も強かったのかなと思ったのですが
小学1年のときに地元で開かれた相撲大会で
自分よりも体が小さい子に負けたという
屈辱的な経験を持っています。

その悔しさから
すぐに本気で相撲を始めたそうです。

当時は「やる。強くなる」と
宣言していたのだとか。

出身校は「山登りが多い学校」だったと
話す、御嶽海さん。

1時間で山を登り、
30分で木を切り、
30分で下るという作業を
週に2回こなしていたというので
これはかなり体力や足腰が鍛えられそうです。

長野出身力士としての快挙

今回の名古屋場所優勝は
実は「○○年ぶり」と言われる快挙
だらけだというのです。

どんな記録なのかまとめました。

関脇の優勝は2015年の夏場所に
照ノ富士が達成して以来、3年ぶり
できごとです。

学生出身力士としての優勝は
2001年秋場所の琴光喜以来
17年ぶりのこと。

名門出羽海部屋の力士としての
優勝は、1980年初場所の
三重ノ海以来、38年半ぶり。

長野県出身力士としての優勝は、
優勝制度が制定された1909年
(明治42年)以降初めてです。

明治時代以後初めてと聞くと
この快挙のすごさが分かりますね。

名古屋場所優勝の賞金はいくら?

十両以上の力士には、以下の給与が
毎月、日本相撲協会から支払われるそうです。

更にボーナスもあり
年間に月額給与2ヶ月分が
支給されるのだとか。

意外とサラリーマンっぽいのですね。

横綱:約282万円
大関:約234万円
三役:約170万円
平幕:約130万円
十両:約100万円

大関の御嶽海は、
月収約230万円ですね。

さすが一流のアスリートという感じでしょうか。

年収に換算するとこれくらいになるそうです。

横綱・・・約5000万円
大関・・・約4000万円
平幕・・・約2000万円
十両・・・約1500万円

これに今回の優勝賞金がつくようなので
かなりの額が年収になりますね。

優勝の賞金は、
単純に賞金だけでなく、自治体や
企業からの“金一封”もでるようなので

一概にいくら、というのは
本人しかわからないようです。

まとめ

今回は、名古屋場所で
関脇として優勝した
御嶽海について調べました。

キリッとした顔立ちをしていますが
フィリピン人とのハーフだったのですね。

快挙だらけの優勝なので
長野県では大人気になったり
いろいろなお祝いが行われそうだなと思いました。

母校訪問ももしかしたらあるかもしれませんね。