マツコ会議の3畳アパートは「QUQURI(ククリ)」?住人の職業やプロフィールや年収は?

今週の『マツコ会議』では
若者が殺到する3畳アパートが
紹介されます!

出典:https://cu.ntv.co.jp/matsukokaigi_20181020/

『3畳!?』と驚くかもしれませんが、
この激セマが大人気なんです♪

そんな3畳アパートの場所や家賃、
住人の職業など調べてみました。

3畳アパートの場所や家賃は?

マツコ会議の予告CMを見て
3畳アパートの場所や家賃が
気になっている方も多いと思います。

実は私も気になっちゃてます(笑)

最近、都心を中心に激セマアパートが
若者に大人気をだそうです!

というもの、新宿駅や恵比寿、
中目黒といった人気エリアに
家賃7~8万円で住めるのが
人気の秘密です!

普通そういった人気エリアだと
家賃が数十万だったりするのが
当たり前です!

もし、安く済ませようと思ったら
共同トイレの築30年は超える
ボロボロの風呂なし畳部屋が定番です。

でも、そんな常識を覆し
激セマだけど、水回りが綺麗な
物件を手掛けているのがコチラ!

株式会社SPILYTUS(スピリタス)さんの
「QUQURI(ククリ)」です!
公式:https://spilytus.co.jp/ququri/


出典:https://spilytus.co.jp/ququri/

部屋の広さは6畳弱ですが
有効な居住空間は3畳ほどになるので
数多くの工夫があります!

「通常の3寸柱ではなく4寸柱を採用し、ロフトとして使える最大の1.4メートルの高さを確保。天井高がしっかりあることで、物置としてではなく、ひとつの部屋として使えるようになっています」
引用:https://realestate.yahoo.co.jp/magazine/ksano/20180413-90002011

狭小アパートに特化することによって
一部屋の家賃を抑え、部屋数を確保し
効率よく収益につながるそうです!

住人は都心で綺麗な場所に住めて
経営されるアパートオーナーさんは
『儲かる』という仕組みですね!

今回、マツコ会議で
紹介されていた物件の場所は
残念ながら特定することできませんでした。

ただ、都心の人気エリアで
若者を中心に3畳アパートが
大人気なようです!

3畳アパート・住人の職業とは!?

今流行りの『3畳アパート』ですが、

実際にマツコ会議に出演されていた
住人の方々の職業って気になりませんか?

ツイッター上を探してみると・・・。

取材を受けた住人の方が実際につぶやいています。

ツイートだけでは職業までは分かりませんが
プロフィールを見てみると、若い方々が
住んでいるのが分かります。

夢を持って都心で働く若者が
多いのかもしれませんね!

ラルフローレンの鬼太郎タオルが気になる!

最後に気になったのが
マツコ会議の予告CMにも出ていた
ラルフローレンの『鬼太郎タオル』です!

『鬼太郎タオル』って呼んでいいか
わからないけど(笑)

可愛いかったので調べてみました!

調べてみると・・・。

ラルフローレンのタオルって
めちゃくちゃ多いんですよね。

ただ、あの『鬼太郎柄』が
なかなか見つからず・・・。

そんな中で見つけたのが
コチラのサイトにあった『Mタイプ』

『ラルフ ローレン RALPH LAUREN タオルハンカチ 5063』です。

出典:https://item.rakuten.co.jp/w-import/ralph-051/

マツコ会議で出ていた長めの
スポーツタオルではないのですが

鬼太郎柄のハンドタオルも可愛くないですか?

ちなみにハンドタオルタイプで1000円前後
スポーツタオルタイプで4000円前後でした。

気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回はマツコ会議で潜入した
激セマアパートをご紹介しました。

調べていくうちに
『狭すぎて住みずらそう』という
当初の考えが覆されました(笑)

住人やアパート経営者のニーズに答えた
革新的なアパートでした!

やっぱり狭くても
通勤時間が少なく
新しい綺麗なところがいいですよね!

この放送をきっかけに
これかもまだまだ需要が増えそうですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする