大本萌景姉・大本可穂が愛の葉Girls(えのはガールズ)元事務所社長・佐々木貴浩をパワハラ提訴

2018年10月11日に、
多くのニュースで
3月に自殺したアイドルの
大本萌景さんのご遺族の会見
報道されました。

ご遺族は千代田区の会場で
記者会見を行い、
明日10月12日に
愛媛県の松山地裁へ
訴状を提出予定
ということを語りました。

事件について振り返るとともに
注目されているお姉さんについて
調べました。

故・大本萌景(愛の葉Girls)プロフィール

出典:https://twitter.com/HAGUREMETAL_777/status/1050243953566539776

名前;大本萌景(おおもとほのか)

生年月日:2001年10月23日

享年:16歳

出身地:愛媛県松山市

当時の事務所:農業生産法人 hプロジェクト

大本萌景さんは
通信制高校似通いながら
地元・愛媛県松山市のご当地アイドルである
愛の葉Girls(えのはガールズ)
の一員として活躍していました。

(「あいのはガールズ」ではないですよ)

愛の葉Girlsのウリは
「農業もできるアイドル」ということ。

なんだかTOKIOみたいですが(笑)、
その新鮮さと一所懸命さが
地元の人はもちろん、全国区でも
密かに人気を集めているグループでした。

パワハラで自殺

愛の葉Girlsの名前が
全国に知れ渡ったのは

残念ながら、大本萌景さんの
死についての情報によってでした。

大本萌景さんの死は、
自宅での自殺でした。

こちらが当時話題となった、
事務所とのやり取りのLINEです。

言い方が恐すぎますよね。

ご家族から事務所に連絡した際の
反応はこちらです。

年齢的にも未成年ですし
保護者からの連絡で
全く問題なさそうなところですが、

なぜか事務所は「本人からでないと
聞けないことになっている」の返信でした。

そしてこちらが、
当時の週刊誌が掲載していた
事務所のパワハラのまとめです。

 契約は「学業優先・両立OK」その1年半後、大本萌景さんは通信高校(火・日曜登校)へ入学。事務所側は授業スケジュールを把握してるのに登校日にもスーパーで地元企業の売り子販売などの仕事を強要

 大本萌景さんは、通信制で必要な登校数が足りなくなって高1途中で退学
(なお「愛の葉」グループは先輩メンバーの急な脱退が重なり大本萌景さんがリーダーに)。事務所社長が「全日制再入学と必要な資金援助」を持ちかけ「愛の葉を全国で売り出すぞ!」と煽る

 大本萌景さんの意思は「家族に迷惑かけたくない」とギャラ前借りしてまで負担することを申し出る。再入学の準備で母親が「契約満了(2019年8月)後には仕事を辞めます」と事務所の経理Tへ先に電話連絡した上で2018年3月20日に必要な学校資金を借りられる予定になる。

しかし20日に親子で事務所に行くと「辞めるなら金は出さない」と経理Tが態度急変。帰宅した親子は「再入学せず契約満了まで仕事を続けた後に定時制などへ通い直す」事を決める。

20日午後に事務所の経理Tが「本当は金を用意してあるので本人から社長に電話して」と態度を再び変える。

20日夜、出先で大本萌景さんが電話すると、なぜか社長に謝罪させられ「1億円払え」と言われてその場にいた友人と親に「私は裏切られた。騙されていた。借金だけが残った」と告げる。{音声録音テープは無し}

この翌日の21日午前に、
大本萌景さんは自宅で首つり自殺を
してしまいます。

お母さんたちご遺族は、自殺後に
残されたスマホから
事務所のパワハラ対応を知ることになります。

また、友人からの証言で
「1億円払え」という話も知ったそうです。

姉・大本可穂がかわいい?

内容がかなり重いので不謹慎な感じが
してしまいますが・・・。

今回の報道で提訴の内容が
注目されているのはもちろんなのですが

お姉さんのかわいさにもなんと、
注目が集まってしまっています。

こちらが、会見の様子の写真です。

右側が、お姉さんの大本可穂さんです。

大本可穂さんプロフィール

名前:大本可穂(おおもと・かほ)

年齢:19歳

出身校:愛媛県立松山南高等学校砥部分校

twitter:@wJvdR6S0zQW8iu2

twitterの登録は2018年3月なので
妹の大本萌景さんのために

情報収拾や情報発信をする目的で
登録したという可能性もあります。

お姉さんは会見で、

「ただただ真実を知りたい。1億円の話がいつどこで、どうしてこういう内容が出てきたのか聞きたい」

と話していました。

この会見前にtwitterでは

というツイートをしていました。

これに対しては
多くの応援メッセージ
返信されていました。

普段もこのような
辛さを彼女なりに昇華しようとしている
ツイートが見られていました。

大本萌景さんのファンだった人や
ニュースでこの件を知った人にとって

応援したくなってしまう女性ですね。

まとめ

今回は、事務所パワハラが原因で
自殺をすることになってしまった
ご当地農家アイドルの大本萌景さんと

そのお姉さんについて調べました。

提訴されたのは
農業生産法人 hプロジェクト株式会社
その代表取締役である
佐々木貴浩(ささきたかひろ)氏です。

hプロジェクト株式会社と
代表取締役の佐々木貴浩氏対して
総額9200万円の損害賠償
求める裁判となる予定です。

収益のシステムも
会社に間でかなり抜かれていた
なんてウワサもありますので、

今後どのような展開になっていくのか
注目しておきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする